人気のカッティングマシン 案内版やPOPの作成に

日経トレンディネット

本体サイズはちょっと大きめのプリンターといったところ
本体サイズはちょっと大きめのプリンターといったところ
日経トレンディネット

もう30年ほど前だが、レタリングという仕事の現場を取材したことがある。手書きの文字の通りにシール用紙などを切り抜いて、店舗や会社のガラス扉に貼る装飾を作るのだが、その書き振りと切り抜く手際にさすがは職人芸と感心したものだ。

だが、カッティングマシンが登場した今では、そんなレタリングも驚くほど身近になってしまった。最近は自宅で購入して趣味で使う人が多いという。例えば、シール用紙や紙を切ってバイクや模型などに貼り付けるオリジナルのステッカーやペーパークラフトなどを作れる。ブラザー工業の「スキャンカットCM300」は布も切れるので、キルティングやアップリケの製作などにも使えて、主婦層にも人気だそうだ。

ブラザーでは今後、ビジネス向けにも展開していくという。確かに、仕事でも社内の案内板を作ったり、新製品展示のPOPに使ったりと、幅広く使えるかもしれない。

興味を引かれたので、エントリーモデル「スキャンカットCM300」を借りてみた。実勢価格は4万6000円前後。なお、スキャンカットCM300には上位モデルの「スキャンカットDX」シリーズもある。

パソコンやスマホなしで使える

スキャンカットCM300は単体で使えるマシンだ。僕はカッティングマシンを使うのは初体験だったが、難しいと感じることはなかった。マニュアルを一度読めば問題なく作業できるだろう。

まず、切り抜きたい形の画像やイラストを設定、レイアウトする。操作はスキャンカットCM300のモニターで完結するので、パソコンやスマートフォンは不要だ。スキャンカットCM300にあらかじめ登録されているカットや文字などの素材データを使用してもいいし、自作のデータを取り込んで使うこともできる。

本体の液晶モニターで作業できる
文字を入力することもできる。ただし日本語はパソコンで作成したデータを取り込まなければカットできない

自分でデータを用意する場合、写真やイラスト作成アプリで作った複雑なイラストよりも、ワードやパワーポイントの描画機能で作成したような図のほうが向いているだろう。パソコンで作成したデータはUSBケーブルで接続してスキャンカットCM300に取り込める。ただ、プリンターで印刷し、スキャンカットCM300のスキャン機能で取り込むほうが簡単だ。

MONO TRENDY連載記事一覧