SNSでの発言はプリントして全身に貼るつもりで女子大生経営者として学んだこと(3)

株式会社ウツワ代表取締役兼デザイナー ハヤカワ五味

株式会社ウツワ代表取締役兼デザイナー ハヤカワ五味

みなさんはSNSをどうやって使っていますか? 大学生や高校生の人だと、裏アカウントがある人とかが大半なんじゃないかなあと思います。2、3個は当たり前、特に女子だと、悪口だけを書くアカウントがある人もいますよね......。

私自身、SNS始めたての中学生、高校生の頃はずっと愚痴ばかり書いていて、日々「死にたい......」とか言っていました。典型的な病み女子ですね笑。実際、私はSNSで失敗したことも多いSNS生まれのSNS女子なので、今回はそのあたりの話ができたらな、と思います。

新人教育で力を入れる「SNSでの発言」

今、私が会社の新人教育の部分で一番気にしているのは「SNSでの発言」です。うちの23歳のデザイナーにも最近、「毎日寝れないし、私ばかりに仕事がくる」という愚痴みたいなことは、「せめてお客様が見てる表でつぶやくのをやめなさい」と指摘したばかりです。私は社員やスタッフの教育にはユルユルで、いいところがあったら、褒めてうまくチームを組んでいくということを気にしていますが、SNSだけは譲れません。すぐ指摘します。というのも、私自身、以前大失敗をしたことがあるからなのです。

実は大学に入ってすぐの頃、大学と仕事の両立で結構かつかつになっていて「もうこんな辛い仕事やめたい」とか「全然思うように物ができない」など、仕事の愚痴を延々とtwitterで垂れ流していました。それは、中学生の頃からSNSを使っている自分からしたら当たり前の使い方で、特に悪気もなく、息をするように愚痴を書いていました。

そんなある日のことです。私は自分のブランドと自分の名前でサーチ(主にtwitter内検索)をかけることが日課なのですが、「こんな愚痴ばっかり言ってるデザイナーがやっているブランドとか、不安すぎる...」というような内容のツイートを見かけたのです。

ツイッターでつぶやくことの意味

それを見つけたときにハッとしました。フォロワーの人たちは、ハヤカワ五味の中の人「稲勝栞」が見たいわけじゃないんだ、feastというブランドのデザイナーのかっこいい「ハヤカワ五味」というアイコン(象徴)を見たいんだ、ということにそのとき初めて気づいたのです。確かに、自分の好きなブランドがマイナスな発言や会社の愚痴を言っていたら、信用ならないし買わないな、と思います。

例えば自分が好きな化粧品ブランドの公式ツイッターが、何度も「いいものができない......」とか言っていたら、絶対買いたいとは思いません。SNSでは、「発言している」「目の前に人がいない」感じが強く、マイナスの発信はしやすく、気にしないという人も多いと思います。でも、落ち着いて考えてほしいのですが、フォロワーが100人いる状況でつぶやくということは、「100人の前でみんなに聞こえるように何かをいうこと」と同じです。

今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
注目記事
今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録