映像をつくるフリーランスという選択撮れる女優もアリですか(1)

映像制作・助監督、女優 行平あい佳

映像制作・助監督、女優 行平あい佳

はじめまして。行平あい佳と申します。東京都出身、25歳。好きな食べ物は餃子です。早稲田大学卒業後、フリーランスの映像制作・助監督として活動し、様々な縁を結って現在は女優のひよっこをしています。ここに至るまでは、紆余曲折という言葉がよく似合います。それは自分の気持ち的にも、行動的にも。こうして書かせていただく間にも、色々なことを思い出します。

今回から「撮れる女優もアリですか」と題して、この連載を始めさせていただくことになりました。就活や仕事、抱いていた夢を通して私が感じていた「縁」や、フリーランスの仕事をテーマにお話ししたいと思っています。記念すべき第1回は、今からさかのぼること4年。就活のお話です。拙い文章ではありますが、ぜひお付き合いくださいませ。

本当にやりたいこと

近影

まず初めに、私の就職活動は惨憺(さんたん)たる有様でありました。理由はただ一つ。「就職する意味」を見いだせないでいたこと。「映画や映像を撮りたい」「演技をして映像に出たい」と思うだけで、それを叶える具体的な策は何一つないまま就活の流れに乗る体たらくを見せつけました。

当時の私は、早稲田大学教育学部国語国文学科3年生。映画制作サークル所属。自分で脚本を書き、自分が演技できる場所を作り、仲間と一緒に撮影する。その繰り返しで日々は過ぎていきました。気付けば周りは就活ムード。いい大学と言われている手前、就職の流れには乗っていました。

同じようなスーツに同じような髪形に、同じような態度。私は必要以上にそれに紛れ込むようにしていました。理由はちゃんと就活をしていると自分に思い込ませるためでした。見た目は必要以上に就活生でした。しかしその最中、ずっと「何のために就活しているんだろう?」と考えてしまうようになりました。

正直、大学を出させてくれた母親のためにも就職すればよかったと思ったときもあります。それは次回以降のお話で触れたいと思っています。それからの就職は、嫌だ嫌だの連続。何をしていても、やっぱりやりたいことがある。本当にやりたいことは、「映像!!!!!」の一点張りでした。

サークルで撮影していたころ

映像をつくる=映像制作会社???

さて、ここまで来て「いやいや、映像関係の会社に就職すればまるっと解決じゃん」と思った方もいらっしゃるでしょう。確かにそうです。今となってはその道が映像に「関わる」には確実だったと思います。でも、「撮ること」に重点を置くと、そうでもないのです。

一昔前は映画会社に就職し、助監督になり、いずれは監督へ、というルートもありました。しかし現在では殆どといっていいほど、そのような募集はありません。総合職とあらば、何を任せてもらえるかは不明なのです。ましてやそれに加えて出るなんてもってのほか! 映画監督ってどうやったらなれるんだよ! という状態です。実際、フリーランスを何年かした今でも、その道は定かではありません。監督業は、いろいろな道を辿ってこられた猛者たちの巣窟です。

今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
注目記事
今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録