ひと

プロ直伝! カシミヤセーターの「失敗しない選び方」 UTO社長 宇土寿和氏(上)

2018/12/22

UTO社長 宇土寿和氏

冬本番のこの時期に手放せないセーター。もう1着を買い求めるなら、暖かくてふんわり軽いカシミヤ製を選ぶのもいいだろう。カシミヤ山羊(やぎ)の産毛をよりすぐるだけに1着5万円以上するものもめずらしくない。日本で唯一というカシミヤセーターの専門メーカーで、オーダーメードも手掛けるUTO(ユーティーオー、東京・港)の宇土寿和社長にその魅力を聞いた。




――宇土社長は旅行業界の出身というアパレル産業では異色の経歴の持ち主です。起業まで決意させたカシミヤの魅力について教えてください。

「カシミヤは1に風合い、2に色、3につくり――とお客さまには説明しています。手で触ったときに、ふんわりした感触であることが1番大事です」

「カシミヤの風合いは『縮絨』(しゅくじゅう)という編み地を洗う工程で決まります。糸の間を水が通ると、糸の中に撚(よ)り込んでいる産毛が浮き出てきて、若干の縮みが生じます。これが風合いを感じさせるのです。縮絨が強ければ柔らかく、軽くすればコシのある風合いになります。作り手の勘や経験、センスが必要とされる工程です」

「風合いは編み地の詰まり具合(度目)や糸自体の撚り方、編み立てる時の天候にも左右されます。全てを計算に入れて縮絨作業に取りかかるわけです。日本人やイタリア人は、柔らかめのものが好きで、英国人はしっかりとした編み地で着ているうちに柔らかさが出てくるカシミヤを好む傾向があります。当社は後者です」

■軽くて暖かいのは空気を蓄えているから

「カシミヤを軽くて暖かいと感じるのは、そのなかに空気を蓄えているからです。ウールの繊維には『クリンプ』と呼ぶ縮れがあり、60%もの空気を含みます。中でもカシミヤの繊維の太さは14.5~16.5マイクロメートル(1マイクロメートルは1000分の1ミリメートル)とウールの中で最も細いので空気がたくさん入っています」

――街で見かけて「あのセーターはカシミヤだ」と気付くときがあります。

「カシミヤが持つ繊細な産毛と独特の発色具合から分かります。彩度の強い色でも光の反射を柔らかくしてくれます。細い繊維の集まりなので、乱反射が少なく均一でソフトな見え方になります」

Latest