働く女性が投票 オフィスで着ける最強アクセはどれ?日経×FUN UP共同 みんなのアクセサリー調査(上)

小ぶりで控えめが職場にマッチする、という心理

3番と同様にバランスの取れた仕事向けのアクセサリーが、「好き」が3位「着けたい」4位の12番。3番と12番の共通点は、黒のビーズと透明な石を、全体を短めに抑えた中でミックスさせている点だ。

12番の作品。3番とともにバランス取れたオフィス向けアクセ

トレンドの円形ベースに小ぶりな石とガラスが連なる2番も「着けたい」で3位と健闘した。

2番の作品。小ぶりな石が連なる上品さが魅力

やはり、職場では華やかさを残しつつも、できるだけさりげなくという心理が働いているのが見て取れる。今回のコンテストの優秀賞は、2番、3番、12番の3点に決まった。

人気投票で選ばれた「オフィスでつけたい」アクセ優秀賞の3つ(2番=下、3番=右上、12番=左上)

一方、残念ながら会員からの支持が低かったのが、大ぶりの羽や木製の輪っかがついた作品。全体的に黒いトーンで統一されていることもあり、「カジュアルな格好にはいいけど、仕事ではちょっと……」という声が聞こえてきそうだ。

とはいえ、どこまでがNGでどこからがよいのか、実際のシーンでは迷うところだろう。次回以降、職業や年代、地域などの切り口でさらに「好み」の傾向を深掘りしていく。

monomy(モノミー)は、ユーザーがスマホ上で1600点以上のパーツから組み合わせ、ピアス、イヤリング、ネックレスなど自分のオリジナルアクセサリーを自由にデザインできるアプリ。fun upが開発し、2016年夏に正式にリリースした。デザインしたアクセサリーはアプリ上のマイページにアップされ、アプリ内のタイムラインにも流れる。自分がデザインしたアクセサリーを注文して購入したり、ほかの人の作品を買ったりすることもできる。既に120万点以上のアクセサリーが生み出されている。
日経ウーマノミクス・プロジェクトは、日本経済新聞社がグループ全体として女性の社会参画を応援する活動の総称。会員数は約20万人。会員登録(無料)をすれば、仕事やプライベートに役立つセミナーや交流会に優先参加できる。プレゼントつきアンケートなどを通じて会員の声を常に活動に反映させている。

(桜井陽)