売り手市場の恐怖 就活生の保護者が意識するべきこと常見陽平 千葉商科大学専任講師

6月になりました。大学生の就職活動「就活」の採用活動が解禁されました。ただ、こんな話にしらけてしまう方、クビをかしげる方も多いかと思います。就職情報会社各社の調査によると、採用活動解禁前の2018年5月1日時点の内定率は4割前後。6月1日段階では6割を超えています。

リクルートワークス研究所の「大卒求人倍率調査」によると今年の大学4年生、2019年卒の求人倍率は1.88倍で、前年度の1.78倍よりも0.1ポイントアップしました。1.8倍を超えるのは9年ぶりです。売り手市場ということもあって、企業の採用活動もフライング気味になっています。

売り手市場?

思えば、私の教え子からの最初の内定報告は2月の上旬でした。就活の採用広報活動解禁が3月1日ですから、かなりのフライングと言えます。4月になると内定報告が増え始めました。5月中旬から6月1日にかけて、大手企業も内定を出し始めました。Facebookを覗いていると、大学生のお子さんがいる方による「息子が第一志望に決まりました」という投稿が散見されます。

「景気の良い話」に聞こえますが、立ち止まって考えたいです。「内定がいっぱい出たことで、浮かれていていいのか?」「最初の1社は本当にそれでいいのか?」を考えたいです。

そもそも、「売り手市場」なるものも、丁寧に見なくてはなりません。従業員規模別、業種別で見てみると、需給ギャップの差が気になります。300人未満企業が9.91倍(前年の6.45倍から3.46ポイント上昇)で過去最高になった一方で、5,000人以上では0.37倍(前年の0.39倍から0.02ポイント低下)となっています。メガバンクの採用減などが話題となっている金融業は0.21倍(前年の0.19倍から0.02ポイント上昇)と狭き門となっています。

このように、売り手市場なのは事実なのですが、細かくみると単純にそうとも言い切れないのです。

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ