新時代に揃える「勝ち靴」 3足でオンオフを履き回す

MEN’S EX

MEN'S EX

仕事も休日も、スタイルが多様化する昨今、居心地のよい装いを考えるとオン・オフとも程よいMIXがキーワード。傾向の異なる3足を用意すれば、さまざまなTPOに対応でき、バランスのとれた装いを展開していけるのだ。




スーツにほんのりカジュアルな要素を取り入れて柔らかに仕上げる。逆に休日服にドレスの要素を取り入れて大人の品をプラスする。装いの自由度が増している今だからこそ、そうした“MIXの巧さ”がお洒落か否かを分かつポイントになっている。靴はそうしたスタイルをまとめあげ、ときにそれ自体がMIX感のキーとなる最重要アイテム。その日纏いたい服と照らし合わせて慎重に選びたい。

とはいえ、あれこれ何足も用意する必要はない。最低限必要なのは「正統派のドレス靴」、「ドレスとカジュアルを横断する汎用性の高い靴」、そして「スニーカーなどのカジュアル靴」の3タイプ。装いの引き締め役として、あるいは抜け感を醸し出すアクセントとしてこれらを履き分ければ、今らしい新味のあるスタイルを十分築けるだろう。ここではそれを実証すべく、平成に人気を博した名靴のなかから3足を選び、1週間分のコーデを組んでみた。これが新時代のコンサバスタイルである。


コンサバお洒落な1週間が叶うのはMIXに効く平成鉄板の3足

1. スーツに万能な
エドワードグリーンのバークレー
名作になった年:平成16年(2004年)

傑作チェルシーの一文字に、穴飾りをつけたモデルがバークレー。黒でなくあえて茶を選ぶとこの靴の洒脱な側面が引き出され、ボーダーレス化した今の装いに幅広く対応してくれる。木型は細身の「82」。 15万9000円(エドワードグリーン銀座店)


2. ドレカジの抜け感と品を両立
パラブーツのドレスシャンボード
名作になった年:平成29年(2017年)頃

多彩な装いに合う靴として評価の高いシャンボード。その製法を武骨なノルウィージャンからグッドイヤーにし、ドレスカーフに変えたのが、2010年に登場した今作だ。ドレスとも好相性のバランスが時代にマッチし、人気を得ている。 7万円(パラブーツ青山店)


3. 通勤にも受け入れられる
ニューバランスの996
名作になった年:平成初期~

昭和63年誕生。以後お洒落スニーカーのトップランナーとして平成を駆け抜けた996。細身&クラシックな意匠は確かに多様な服に馴染みやすい。とくにグレーはシックに履け、スニーカー通勤にも好適。 2万7000円(ニューバランス ジャパンお客様相談室)

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram