あなたに似合うスーツ 体形×身長の8モデルから選ぶあなたの「骨格体形」に合うスーツを探す(下)

ファッションプロデューサー 五十嵐かほる

ファッションプロデューサー 五十嵐かほる

先日、ある男性から「自分の体形ってあまり人から指摘されないから、わからないんですよね」とのお話がありました。「お!グッドタイミング♪」と思いながらお聞きしていると、その方は同僚と洋服を見る機会があって、同僚から「○○さんって『なで肩だから』こういう方がいいんじゃない?」といわれ、「あぁ、だからスーツのときと違って、プライベートでセーターを着ていると、なんだか決まらない感じになっていたのだと改めて納得しました」とのこと。

学生時代や30歳代前半くらいだと上司や友人からはっきり欠点を指摘される機会はあるけれど、40歳代になると多少の体形の変化も伴い、「失礼になるから」とか「傷つけてはいけない」などと周りから気遣いされるようになり、なかなか自身の体形を客観的に見ることができないというのです。特に昨今、様々なハラスメントが存在しているから、うっかり変なことを言えないご時世になってきていますので、この傾向は、いいような悪いような……。

「見せたい自分」になるためにはまず、自身の骨格体形を、客観的に把握することが不可欠です。前回掲載「『なんとなく』スーツを選ぶな 自分の骨格を把握せよ」でご紹介したように、骨格体形は主に以下の4つに分類できます。

改めて、それぞれの特徴と周囲の人に与える印象をおさらいしましょう。

■代表的な4体形

(1)マッスル
筋肉質でがっしりした体形。
「頼りがいのある」「重厚感」「むさ苦しい」

(2)オーバル
ふっくらした体形で、肥満度をあらわすBMI(体格指数*)が25以上。
「おおらか」「安心感」「包容力のある」「暑苦しい印象」
※身長に対し望ましい体重を判定する指数 BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

(3)ストレート
太ってもいない、痩せてもいない、すらりとした体形。
「精悍(せいかん)」「スマート」「軽快」「個性的でない」

(4)スリム
やせ形で、ひょろっとした体形。
「中性的」「若々しい」「頼りない」

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019