走ってみるとその違いは明らかだ。低回転域でのアクセルレスポンスが向上し、2500~3500rpmでは、いかにも大排気量単気筒エンジン(ビッグシングル)らしい地面を蹴るような加速感と鼓動が堪能できる。

400ccという排気量は大型バイクが主流の現在ではむしろ小さい部類だが、軽い車体と増大した低速トルクによって、ハーレーのように早めにギアを上げてゆったりと「流す」走りがさらに気持ち良くなった。

もともとSRは、オフロードモデルXT500のエンジンを流用した軽量スリムなロードスポーツバイクとして世に出たが、現在ではその立ち位置は明確に「レトロ」へ移り変わっている。新型SR400のエンジン特性は現代のライダーがSRに求めるものを正確に理解したうえでのファインチューンだと思う。もっともこのエンジンは低速トルクだけではなく、きっちり6000rpmまで回してのスポーティーな走りにも対応できる。この二面性もSRの伝統だ。

【マフラー】つくり込まれたぜいたくな音

先代よりも音質が一段とクリアになった新型マフラーには耐熱、耐食性に優れるナノ膜コーティングが施されている

美しくクロームメッキされたSRのマフラーはスタイリング上の大きなアクセントにもなっている。新型モデルはマフラーが新設計されているが、外観はそのままにエグゾーストノート、つまり「音」だけを徹底的につくり込むという、ある意味ではとてもぜいたくな改変を行った。歴代SRの排気音を聞き比べ、もっともSRらしいと感じたキャブレター仕様の音色を楽器メーカーのヤマハが持つ音響解析技術によって再現したという。

こちらも乗れば従来モデルとの違いはすぐに分かる。共振によるビビリ音がさらに抑え込まれ、中低速域の「ストトト」という単気筒らしいサウンドの一音一音がよりクリアに聞こえるようになった。スロットルをひねればまな板の上に置いた大根を中華包丁で断ち切るような快感が味わえる。

【スタイリング】

グレーイッシュブルーメタリック4

これは好みの範疇(はんちゅう)の話になってしまうが、新型に設定されたカラーはいずれも魅力的である。SRはシンプルでオーソドックスなスタイリングだけにカラーひとつで印象が大きく変わる。とくに今回試乗した「グレーイッシュブルーメタリック4」はトラディショナルでありながら、適度にカジュアルな雰囲気も加わり非常に好感が持てた。

近年はコスト的な観点からデジタルメーターを用いられることが多くなったが、SR400は速度計、回転計ともに昔ながらのアナログメーターを採用する
次のページ
クラシックバイクを現代の技術でアップデート