ニコン「Z 6」の実力を検証 大口径レンズも装着三井公一の最新デジカメ撮って出し

日経トレンディネット

ニコンダイレクトでの価格は税込み27万2700円となっている。(タッチ操作対応チルト式3.2型TFT液晶モニター、Wi-Fi、Bluetooth対応、幅134.0×高さ100.5×奥行き67.5mm、本体重量約585g)
ニコンダイレクトでの価格は税込み27万2700円となっている。(タッチ操作対応チルト式3.2型TFT液晶モニター、Wi-Fi、Bluetooth対応、幅134.0×高さ100.5×奥行き67.5mm、本体重量約585g)
日経トレンディネット

ニコン製フルサイズミラーレス一眼の第2弾「Z 6」が2018年11月23日に発売された。そのルックスは高画素モデル「Z 7」と同様で、外観上の違いはモデル名のバッジだけと言ってもいい。最大の違いは画素数で、Z 7の4575万画素に対してZ 6は2450万画素。また感度特性も異なり、Z 7のISO64-25600に対して、Z 6はISO100-51200と高感度に振られている。さらにオートフォーカスの位相差測距点も、Z 7は493点、Z 6は273点だ。

一方、ボディーの価格は直販で税込み27万2700円と、Z 7と比べて16万円以上も安い。高画素だが高価格なZ 7を見送って、このZ 6を待っていたフォトグラファーも多いことだろう。

今回は秋の街をブラブラと撮影したが、操作感はZ 7と同じなので実に使いやすい。オートフォーカスの位相差測距点が少ないことも気にならなかった。Z 6はZ 7同様、起動も速く、バッテリーのもちもいい。12月7日発売の大口径レンズ「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」を装着しての撮影では、レンズと新Zマウントとの絶妙なハーモニーを堪能できた。

撮影例

秋の木漏れ日の中をブラブラ撮影。道路標識が気になってシャッターを切ったが、素晴らしい写りをしてくれた。汚れた標識のディテール、色再現、ボケ味と、2450万画素とは思えない緻密な絵になった(f/2.2、1/320秒、ISO-100、露出補正+0.3、焦点距離50mm)

寺の境内を歩きながら軽快にスナップ。動作もクイックで思い通りに撮影が楽しめる。チョイ絞りで店先を撮ったが、シャープかつ傾きかけた日射しの色合いをうまく捉えられた(f/5.0、1/100秒、ISO-100、露出補正-0.7、焦点距離50mm)

朽ちかけた鉄製の門を絞り開放で狙う。f/1.8ながらピント面の力強さと、優しく美しいボケ味が生まれる。立体感あふれる描写がZマウントの真骨頂だと感じた(f/1.8、1/60秒、ISO-160、焦点距離50mm)

MONO TRENDY連載記事一覧