MONO TRENDY

モノ・フラッシュ

パタゴニア・モンベル…防寒にアウトドア用インナー

日経トレンディネット

2018/12/10

アウトドアブランドの高機能インナーはアウトドアだけでなくタウンユースでも重宝する
日経トレンディネット

低い気温など過酷な環境での使用を考えて作られるアウトドアブランドの高機能インナー。体温調節機能や汗やムレを防ぐ吸湿発散性に優れた製品が多く、アウトドアだけでなくタウンユースでも重宝するので、人気が高い。そこで今回は、アウトドアブランドの高機能インナーのなかでも「防寒性」にスポットを当てた最新アイテムを紹介する。

■ウール×リサイクル・ポリエステルの高機能素材

「メンズ・キャプリーン・エア・クルー」(税込み1万7280円) 。重さは184グラムと非常に軽い。ブルー、ブラック、グリーン、レッドの4色

登山家であるイヴォン・シュイナードが1973年に米国カリフォルニア州ベンチュラで創立した「パタゴニア(Patagonia)」。オーガニックコットンや、リサイクル素材など、素材にこだわるブランドとしても有名で、多くの人に広く愛用されている。

パタゴニアの「メンズ・キャプリーン・エア・クルー」は、高品質のニュージーランド産メリノウールとキャプリーン・リサイクル・ポリエステルを混紡した、保温性、吸湿発散性、耐久性、速乾性に優れたインナーだ。さらに、縫い目が無い3Dニット構造なので、摩擦が少なく着心地がいい。

そで口やすそは柔らかく伸縮性があり、長期間着用しても弾力性が続く。リサイクル・ポリエステルを使用しているうえ、3D編み機で製造することで生地の無駄を最小限に抑えているので環境にも優しい。

クルーネックのほかに、フード付きの「メンズ・キャプリーン・エア・フーディ」も展開している。

■体が発する遠赤外線のエネルギーを利用

「ロングスリーブホットクルー(メンズ)」(税込み7344円)。カラーはアッシュグレイとブラックの2色

「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」は、老舗アウトドアブランドとして、機能性とデザイン性の高いアイテムをそろえている。過酷な環境でも活躍できるように独自開発された機能性素材は、さまざまな製品に反映されており、アウトドアファンはもちろん、一般ユーザーからの評価も高い。

「ロングスリーブホットクルー(メンズ)」は、保温性の高さと汗冷えを軽減する機能を併せ持った「ヘビーウェイトPP光電子ダブルクロス」という高機能素材を使用するインナーだ。

「光電子」と名付けた素材にはセラミックスを練り込んでいる。着る人の肌が発する遠赤外線(体温)のエネルギーをセラミックスがいったん吸収し、放射することで体を温める機能があるという。十分な厚みのある起毛生地を使用した保温性の高さに加え、肌面に水を含まないポリピレンを使用することで汗冷えを抑えるだけでなく、吸い上げた汗を蒸発させる機能を持つ。

ザ・ノース・フェイスには「ホット」シリーズのほかに、同じ「光電子」素材を使用した「ウォーム」シリーズがあり、そちらは季節を問わずに使用可能で消臭機能も優れているという。いずれもアウトドアフィールドだけでなく、寒い季節の日常に使っても活躍してくれるはずだ。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
3年で100店舗の大勝負 「定額制エステジム」の正体
日経クロストレンド
スタバを脅かす「ラッキンコーヒー」に日本人が学ぶ
日経クロストレンド
絶好調「串カツ田中」は良い接客を全店クラウド共有
日経クロストレンド
高速料金、駐車場代、タクシー料金でも「定価」がな
ALL CHANNEL