WOMAN SMART

キャリア

花火老舗に大手デベロッパー 実力派跡取り娘が新風

2018/11/27

■女性社長の就任経緯、50%は同族承継

「グレイスワイン」で知られる中央葡萄酒(山梨県甲州市)。取締役栽培醸造部長を務める三沢彩奈さん(38)は社長である茂計さんの長女で、手掛けたワインが海外のコンクールで受賞を重ねる。

商品の説明をする竹下製菓の竹下真由社長(東京都豊島区のサミットストア東長崎店)

継ぐ覚悟が固まったのは大学時代。父と訪れたマレーシアのホテルで、ある外国人夫妻が自社のワインを毎晩楽しんでくれていると聞き、感動したからだ。入社後、仏ボルドー大学に留学し、南アフリカの大学院でもワインを学んだ。チリやオーストラリアなど各国でブドウ栽培や醸造の修業を積んだ。

「日本のワインの評価がまだ低かった時代から、信念をもって仕事をしてきた父と同じ職業に就くのがうれしかった」。父の反対を押し切って完成させた同社初のスパークリングワインはいまや、入手困難な人気商品になっている。「心に残るワインをつくる」ため、技術と情熱を受け継ぐ。

大手企業で満を持してトップに就いた女性経営者がいる。森トラスト社長の伊達美和子さん(47)だ。父で会長の章さんから16年に任された。

「父が家で仕事の話をよくしてくれたから、興味をもった」と伊達さんはいう。章会長の長女で兄も2人いるが、「父はやりたいと思うなら男女の差は考えないと言うので、やる気になった」。慶応義塾大学在学中、手始めに宅地建物取引士の資格を取ったほか、大学院で建築や都市計画などを学んだ。長銀総合研究所を経て98年に入社した。

日本有数の不動産会社に育てた父から成功や失敗の経験を聞き続けてきた強みを持つ伊達さんは専務などを経験しトップに。就任直後、27年度までに最大8000億円を不動産開発に投じる中期経営計画を発表した。「プレッシャーよりもチャレンジできる楽しさを感じる」

企業の後継者問題が深刻さを増す中で、家業を娘が継ぐ例は珍しいことではなくなりつつある。帝国データバンクが約120万社を対象に調べたところ、18年4月末時点で女性社長の割合は8%弱で、30年前の88年の4%強からするとほぼ倍増している。女性社長の就任経緯は50%超が同族承継で、この比率は男性だと38%あまりだ。

昭和女子大学は10月、女性事業継承者育成プログラム「“跡取り娘”人材育成コース」を開設。半年かけてファミリービジネスに関するスキルを教える。熊平美香キャリアカレッジ学院長は「女性がトップであることに支障はなくなった。女性経営者がやりたいことができるよう学びの面で支援を充実させていく必要がある」と指摘する。

■円滑な承継へ興味刺激 ~取材を終えて~

娘への代替わりがうまくいったケースでは、幼少時代から良好な親子関係を築き、自然と家業に興味をもたせることに父が自覚的であったと感じさせられる。今回取材した4人の女性後継者からは家業に入るよう直接言われたことはなかったと聞いた。

家業を継ぐに際して、男だからとか女だからということは本来、関係ないはず。ただ、技術を磨き情熱を高める実力派の跡取り娘のロールモデルがまだ少ないのは事実。多様な女性経営者が活躍すれば、家業を継いだり、起業したりする女性が増え、働き方の幅も広がる可能性がありそうだ。(田中浩司)

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
鎌田安里紗 ギャルだった私が「エシカル」を選んだ
日経DUAL
大ヒット文具開発パパ「娘におもろい!を言い続ける
日経ARIA
氷河期世代の44歳 ブラックな働き方と専業主婦の狭
日経doors
社会心理学でズバリ診断 あなたはこんなリーダーに
日経DUAL
岡崎朋美 育児と五輪挑戦を両立したことは私の財産
日経ARIA
山梨の限界集落に移住、家賃2万円の古民家で2拠点生
日経doors
離婚弁護士が教えるブラック彼氏の見極め方&対処法
ALL CHANNEL