女がときめく男の装い

女のときめきは小指次第? 男を決める「王道リング」 ファッションディレクター 清水久美子

2018/12/2

でも、実際どんなカフリンクスを選んだらいいかは実に迷うところ。けれど、カフリンクスの本質というのは実は『つかみ』。紳士の国では、自分の趣味のもの、例えば、ホッケーであったりチェスであったりのカフリンクスをして、会話のきっかけを狙うというのがファンダメンタルな目的なのです。

猫モチーフのカフリンクスは数あれど、留め具部分がネズミ、という洒落っ気のあるデザインは稀少。「……あら」と女性の目線を奪います。カフリンクス(SS)¥35,000(税抜き)(アスプレイ/アスプレイ サンモトヤマ銀座本店)

なので、ここでは、女性が話しかけやすいもの、例えば動物ものやギミックものなど、「フフ……何それ?」と声をかけやすいデザインをさりげなく仕込んでおけば、仕草と会話のダブルブローで、ときめきをゲットできる、という次第。シグネットリングがゴールドであれば、カフリンクスはあえてシルバーベースのものを選べば、ミックス感が出て今時感のある手元になります。

シグネットリングをモードに昇華させたリングも魅力的。最先端の感性で人気のトムウッドのもの。リング(SS)¥58,000/トムウッド(ステディスタディ)

その逆にゴールドのカフリンクスでそろえれば、クラシックさが香り立ちます。

■手元だけドレスアップ作戦

もちろん、その際はアフター5にシャツをダブルカフスに着替える、というひと手間はありますが、タキシードスタイルに変身するより、むしろ現実的。さらには、カフェやギャラリー、レストランなど多様化するパーティーシーンにおいて、どれくらいドレスアップしたらいいかわからないという場合にも、手元だけドレスアップ作戦は、「フォーマル未満、デイリー以上」の印象なので、汎用性の面からも実に便利な華やかさ。女性のパーティーシューズではありませんが、ロッカールームにワンセット忍ばせておけば、実に頼れるパートナーなのです。

英国紳士のドレススタイルを変革してきた老舗シャツブランド、ターンブル&アッサーのカフリンクスは、わざわざボタンを模したシャレの効いたデザイン。マザーオブパールの控えめな輝きが男性の仕草に艶を添えます。カフリンクス(SS)¥37,000(ターンブル&アッサー/ヴァルカナイズ・ロンドン)

ちなみに、「を!」とカレッジリングをしてみたら、という考えはどうかお納めを。大学名や所属団体名、聞いてもいない自己紹介は、女性の興味をへし折る存在。

制服に似合うカボションカットも、シャレのめしたスーツにはなんとも武骨に映るだけなのです。

さあ! 年末に向けて、仕事も街もカウントダウン体制。何にせよ、終わりよければすべてよし、ということで、この手元作戦で、多くの「……あら」を浴びて参りましょう!

<< 女性の目線を熱くする? 効果絶大「艶茶」なコーデ
女性はみんな「ちょい甘」好き 男の服は意外性が魅力 >>

清水久美子
ファッションディレクター。大学卒業後、銀座和光を経て、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)入社。25ans(ヴァンサンカン)編集部で活躍後フリーとなり、ラグジュアリーなスタイルを得意とするスタイリストに。男性向けスタイリングの提案、商品企画も手がける。

「女がときめく男の装い」記事一覧

Latest