女性

グルメ・トラベル

新鮮なラムは女性のための肉 脂肪燃やし貧血に効果

2018/11/27

美容やダイエットにもいいラム肉に注目(写真はイメージ=PIXTA)

近年の肉ブームやジビエ(野生の鳥獣肉)人気の流れを受け、今とくに注目されているのが子羊の肉であるラム肉です。鉄分やビタミンB12など女性にうれしい栄養素を含むラム肉は、中国やモンゴルでは「女性のための肉」といわれています。以前はクセの強さから羊肉は敬遠されがちでしたが、近年鮮度のいい高品質な羊肉が流通するようになったため、格段に食べやすくなったといわれています。専門店も続々と増えており、都内でも様々なスタイルのラム肉料理が楽しめるようになりました。

■ラム肉は貧血対策にもおすすめ

そもそもラム肉は「羊肉の中でも生後1年未満のものを指します。1年以上のものはマトンといってラムとは区別されます。羊肉独特の風味は羊の年齢が高くなるほど強くなると言われており、ラムはマトンに比べて肉質がやわらかく、色も淡い特徴があります」とI’s Food & Health LABO.(アイズフードヘルスラボ)代表で管理栄養士でもある藤橋ひとみさん。

これまで、「クセが強い」「臭いが独特」「固くて食べにくい」といったイメージがあったラム肉。鮮度の高いラム肉が出回るようになり、やわらかくて食べやすく、独特の香りも軽減されたため、ラム肉人気が高まってきているといいます。その栄養価はどんなものなのでしょうか。

「部位によって多少異なりますが、一般的な他の肉と比べると、ラム肉は鉄分を多く含む特徴があります。鉄分は、赤血球のヘモグロビンや各種酵素を構成するミネラルで、欠乏すると貧血や運動機能、認知機能などの低下を招きます。女性は特に不足しやすいため、積極的に取りたいですね。併せて、欠乏すると悪性貧血の原因となる、ビタミンB12も多く含むため、貧血気味の女性におすすめしたい食品です」(藤橋さん)

他にも、動脈硬化や血栓を防ぎ、血圧を下げる効果が期待できるn-3系脂肪酸(オメガ3)や、酵素・DNA・タンパク質の合成を助けるはたらきがある亜鉛なども豊富だそう。「亜鉛が欠乏すると、皮膚炎や味覚障害、貧血が起こるリスクがあります」(藤橋さん)

また、ラム肉は牛肉や豚肉、鶏肉に比べて体脂肪の燃焼を促進するといわれているL-カルニチンを豊富に含んでいるという特徴もあり、ダイエット効果も期待できるそうです。女性にとって積極的に取りたい栄養素がしっかり取れる、まさに「女性のための肉」といえそうです。

ここからは、都内で新鮮なラム肉が楽しめる外食店を紹介します。

女性 新着記事

ALL CHANNEL