主役は最新e-BIKE 自転車の祭典「サイクルモード」

無線による同期で操作や残量表示が便利になったライト

自転車用ライトやサイクルメーターなどで大きなシェアを誇るキャットアイの新製品がこちらの「SYNC(シンク)」シリーズ。ライト同士を無線(Bluetooth)によってオンオフを同期させた。従来はライトごとにスイッチを入れる必要があったが、新製品では一つのライト(例えばヘッドライト)のスイッチを入れれば、すべてのライトが点灯する。消すときも同様で、トンネルなどを走行する際には重宝しそうだ。

キャットアイの新製品「SYNC」シリーズ。19年の春に3つの製品をリリースする予定だ
専用アプリにより、最大7台のSYNC対応ライトをペアリングできるという

ヘッドライトのインジケーターで同期中のライトのバッテリー残量を把握することができるほか、専用アプリをインストールすることで、点灯モードの設定などもスマートフォン上で行えるようになる。価格はヘッドライトの「シンク コア」が9000円(税別)。発売は19年の春を予定している。

進化するサイクルトレーナー

ここ数年で目覚ましく進化しているものの一つがサイクルトレーナーだ。走行データを高度に解析できるスマートトレーナーの登場により、仮想空間上でサイクリングが楽しめるようになった。3DCG(3次元コンピューターグラフィックス)によるリアルな画面と連動してサイクルトレーナーの負荷が変化し、本当に走っているような走行感が屋内にいながら味わえる。

ワフーの「KICKR(キッカー)」

その最新モデルが米国のフィットネス機器メーカー、ワフーの「KICKR(キッカー)」だ。別売りの機器「KICKR CLIMB(キッカー・クライム)」と組み合わせれば、バイクの上下角度を変化させて登り坂や下り坂の走行状態をリアルに再現できる。また、スピードやライダーの心拍数などに応じて風量が変化するスマートファン「KICKR Headwind(キッカー・ヘッドウインド)」も用意されている。

坂の勾配などを再現する機器「KICKR CLIMB」

(佐藤旅宇)

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧