日経トレンディネット

男女で共用できる ベスビー「CF1 LENA」

ベスビー「CF1 LENA」(15万5556円、税別)。後輪のハブ部分に3段変速ギアが内蔵され、坂道も走りやすい

ロードバイク・マウンテンバイク(MTB)などスポーツタイプからスタイリッシュな街乗り自転車まで、幅広い電動アシスト自転車モデルを取り扱うベスビー。ヨーロッパで人気の高い街乗りモデルの「CF1 LENA」は、電動アシストのバッテリーが車体フレームに内蔵され、一見すると電動アシスト自転車とは思えないほどの高いデザイン性が魅力。

フレームの先端と一体になったフロントライトを点灯すると、リアライトが連動して点灯するので、夜間に走るときも安全性が高い。

フレームが大きく下がっているので、スカートをはいた女性でも乗り降りしやすい
フレーム内部にバッテリーが収納されるスタイリッシュなデザイン。カギでロックできるのでバッテリーが盗まれる心配もない

また、ハンドルの高さとブレーキレバーの位置を簡単に変えられるので、背の高い男性から小柄な女性まで対応しやすいところも特徴だ。

チャイルドシートを車体後部に付けられるので、最初は子乗せ用としてお母さんが使いはじめ、その後シートをはずしてハンドルの高さを上げて、お父さんの通勤用自転車として使うこともできる。子乗せシートの代わりに大型バスケットも装着できる。

前後バスケットで使い勝手抜群 ルイガノ「ASCENT mini」

ルイガノ「ASCENT mini」(12万9000円、税別)。日本製の電動アシストユニットが搭載され、ECOモードで約77kmのアシスト走行が可能

「ASCENT mini」はカナダのブランド「ルイガノ」の街乗りミニベロ電動アシスト自転車。前後キャリアーが標準で装備されているため、別売りのバスケットを装着すれば大容量の荷物も運びやすく、買い物用自転車として使いやすい。

別売りのバスケットとコンテナバスケットを装着すれば、重い荷物も安定して運べる。さらに両立てスタンドを追加すれば、停車するときもグラつかない

また低床設計のため、荷物を積んでいても走りを安定させやすい。フロントキャリアーの下に付いたライトは暗くなると自動で点灯し、後輪にはシリンダー錠が付いているので、防犯性も高い。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
最新電動アシスト×クラシカルデザイン ヤマハ「PAS C
MONO TRENDY連載記事一覧