健康・医療

from 日経Gooday

道端アンジェリカさんも闘う皮膚疾患 乾癬の理解を

日経Gooday

2018/11/19

自らも乾癬患者であることを公表しているモデルの道端アンジェリカさん。自身がコーディネートした患者のためのファッションショーにて。
日経Gooday(グッデイ)

「乾癬(かんせん)」という皮膚の病気をご存じだろうか。その疾患名の響きから「人にうつるのではないか」という誤解や偏見があるが、実は人にうつる病気ではない。「世界乾癬デー(毎年10月29日)」を機にこの病気の認知度向上と患者支援を目的とした啓発イベントが行われ、日本乾癬学会評議員で東京逓信病院皮膚科部長の江藤隆史さんと2人の乾癬患者によるパネルディスカッションの他、自らも乾癬患者であることを公表しているモデルの道端アンジェリカさんがコーディネートした、患者のためのファッションショーが開催された。このイベントの中から、知っておきたい乾癬の知識をご紹介する。

■「乾癬」ってどんな病気?

乾癬とは、皮膚に特徴的な症状が見られる慢性炎症性の疾患。皮膚が地図のようにまだら状に赤くなって(紅斑)、他の湿疹などに比べて境界が明瞭な状態で盛り上がり、ガサガサと乾燥した状態になる。最終的には銀白色になって「鱗屑(りんせつ)」と呼ばれる皮膚片がフケのようにボロボロと落ちるようになる(写真)。

乾癬になると皮膚がまだら状に赤くなり、表面が乾燥した状態になる。(写真提供=東京逓信病院皮膚科部長・江藤隆史さん)

症状は全身に現れるが、特に肘や膝、尻、すね、頭部などによく見られるという。国内の乾癬患者数は43万人と推計され、男女比は2:1で男性に多く、青年期から中年期に多く発症するといわれている。詳細な原因は不明だが、遺伝的な要因に加えていくつかの後天的要因が絡んで発症するとみられている。

この病気はかゆみや外見上の悩みがあるだけでなく、炎症が長期にわたって続くことにより心血管系疾患や糖尿病などの合併症のリスクも高まる。また、乾癬患者のうち約3%は皮膚症状に加えて全身の関節に腫れや痛みを伴う炎症や変形などの症状が出る「関節症性乾癬」といわれ、関節が変形すると元に戻らないことから、早期に発見して炎症を抑える適切な治療を行うことが重要だ。

■誤解や偏見に苦しむ患者が多い

乾癬は非伝染性の疾患だ。つまり、うつる病気ではない。しかし症状や「かんせん」という言葉の響きからか、「感染症ではないか」「うつるのではないか」という誤解や偏見を招くことが少なくない。

健康・医療 新着記事

ALL CHANNEL