靴職人が惚れたスーツ職人のワザ「隣の畑の匠」を魅せるスーツ2018(上)

MEN’S EX

MEN'S EX

口には出さないけれど、心の中では敬服……優れた職人どうしには、そんな密かなシンパシーがある。それは作るモノが違ってもしかり。2018年の終わり、照れる彼らに“ここには惚れた”を告白してもらった。




■SUITS LOVED BY ARTISANS 01

左:川口昭司( 靴職人/マーキス ビスポーク・シューメーカー )
「控えめなエレガンスを追求する姿勢に深く共感。自分を高めてくれるスーツです」

右:佐藤英明( ペコラ銀座 )
「見えないところにどれだけ手間をかけるかで20年後の品質が決まります」

【 ペコラ銀座 】 (住)東京都中央区銀座4-3-2 清水ビル3F TEL:03-3535-6465 (営)11時~19時(休)日曜・祝日 ビスポークスーツ38万円~〈納期2ヶ月~〉

英国で名だたるビスポーク靴ブランドのアウトワーカーとして活躍した後、2008年に帰国し「マーキス」を立ち上げた川口氏。非常に高い技術を持ちながらそれを誇示せず、控えめさを美学とする氏は、佐藤氏の作風に深い共感を覚えるという。

「佐藤さんがおっしゃることは、まさに私が靴作りで目標とするところでもあります。初めてペコラのスーツを着たときは、着心地の良さに驚きました。しっかり体に沿っているのに、膝をついたりかがんだりしても窮屈でないのです。靴と服の相性に関しても、佐藤さんの仕事ぶりを見ながら勉強させてもらっています」(川口さん)。

「これ見よがしなビスポーク感を強調するより、クリーンに仕立てるのが好み。ただその分、“内側”にこだわります。芯地や糸1本までイタリアから輸入してますし、見えないところこそ丁寧に作る。これによって10年、20年後の美しさが変わるのです」(佐藤さん)

〈 スーツの見どころはココ 〉

丁寧な縫製が生むクリーンな表情
ゴージやラペルの端、やや大きめのフラワーホールに至るまで、非常に丁寧なステッチが施されている。手縫いを誇張しない縫製が上品だ。

肩線もあえて割り縫いに
ビスポークテーラーでは肩線の縫代を片倒しにするケースも多いが、ペコラでは割り縫いに。縫い目がフラットになるためクリーンな印象になる。

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019