ホンダ「スーパーカブC125」

初代カブをモチーフにしたプレミアムな街乗りバイク

スーパーカブといえば、日本が世界に誇る実用車として60年にわたって支持され続けているモデル。しかし、このスーパーカブC125は1958年に登場したスーパーカブの初代モデル「C100」をモチーフにしつつ、実用車ではなく上質なシティーコミューターに仕立てられた一台だ。

初代カブを連想させる鳥の翼をイメージした形状のハンドルや小ぶりなリアキャリアを装備する一方、LEDの灯火類やデジタルメーター、アルミキャストホイールなどを採用することでモダンなテイストもプラス。

運転は従来のカブシリーズと同様にクラッチ操作が不要で、ペダルを踏み込むだけでギアチェンジが可能だ。さらにスーパーカブ50/110と比べて、変速時の振動や音も軽減され、上質な走行感を実現している。キーを持っているだけでイグニションのオン・オフやハンドルロック、シートのロック操作が可能な「Honda SMART Key」システムを標準装備する。

ホンダ「スーパーカブC125」 
サイズ:全長1915mm×全幅720mm×全高1000mm 
シート高:780mm 
タイヤサイズ:前70/90-17、後80/90-17 
燃料タンク容量:3.7リットル 
車両重量:110kg 
エンジン:124cc空冷4ストローク単気筒OHC2バルブ 
最高出力:7.1Kw(9.7PS)/7500rpm 
最大トルク:10Nm/5000rpm 
燃料消費率:66.1km/L ※WMTCモード値 クラス1 1人乗車時 
価格(税別):37万円 
KTM「125 DUKE」

クラスを超えた「本気」の作り込み

世界でもっとも権威あるオフロードラリー競技、ダカールラリーにおいて17連覇という無敵の快進撃を続けるのがオーストリアのバイクメーカー、KTM。125 DUKEはそんな同社のエントリーモデルとして2011年に登場。2017年にフルモデルチェンジし、二代目へと進化している。

日本製125ccバイクとは一線を画すシャープで研ぎ澄まされたスタイリングが目を引くが、その中身もクラスを超えた作り込み。剛性の高いトレリスフレームと倒立式のフロントフォークを採用する車体に10000回転で15馬力を発揮する高回転高出力エンジン、ABS付きディスクブレーキ、LEDヘッドライト、さらには125ccクラスでは初採用となるカラーTFTディスプレーを搭載。

これはスピード、エンジン回転数、燃料残量などの情報を表示するほか、オプションで設定される「KTM MY RIDE」を使ってスマートフォンとの連動が可能になるというもの。スリムな車体だが燃料タンクの容量は13.4リットルと大きい。

KTM「125 DUKE」 
サイズ:非公開 
シート高:830mm 
タイヤサイズ:前110/70-17、後150/60-17 
燃料タンク容量:13.4リットル 
乾燥重量:137kg 
エンジン:125cc水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ 
最高出力:11Kw(15PS)/10000rpm 
最大トルク:12Nm/7500rpm 
燃料消費率:非公開 
価格(税込み):51万円 

(ライター 佐藤旅宇)

MONO TRENDY連載記事一覧