非常時にも活躍 使いやすいアウトドア用コンロ5選

アウトドア用のコンロはコンパクトで非常時にも役に立つ
アウトドア用のコンロはコンパクトで非常時にも役に立つ

災害時に役に立つのがコンロなどの調理器具だ。非常食のレトルト食品を温めたり、フリーズドライ食品の調理、温かい飲み物に使うお湯を沸かすなど、コンロの必要性も高くなる。卓上「カセットこんろ」などを普段から使用している家庭は一定の備えがあるといえるが、避難で持ち出すにはややかさばるのが難点だ。

アウトドア用のコンロ(ストーブともいう)は、コンパクトに収納できるものも多く、燃料の種類も用途に合わせて豊富だ。普段のアウトドアはもとより、災害時にも使えるコンパクトコンロを種類別に紹介したい。基本的にはテントや室内での使用は禁止されているものなので、使用する際は注意したい。特に、震災直後などガス漏れが疑われる場所では、安全を確認できるまで使用しないほうが良いだろう。

家庭用ガス缶が使用できるコンパクトコンロ

キャンプ用コンロにはOD缶と呼ばれるキャンプ用ガス缶を使用するものが多い。火力も強く、安定感もあるが、普段キャンプに行かない人にはハードルが高い。SOTOの「レギュレーターストーブ ST-310」(税抜き5200円)は、家庭用カセットこんろで使用するガス缶(CB缶)を使用するためキャンプ用としては経済的で、防災用としてはガス缶の汎用性が高く備えに適している。

SOTOの「レギュレーターストーブ ST-310」(税抜き5200円)。家庭用カセットコンロ用のガス缶が利用できる

ゴトク部を折りたたむと手のひらに乗るサイズに収納され、クッカー(アウトドア用の鍋)に収めることも可能だ。イグナイター(圧電点火装置)を備えており、簡単に着火、消火が行える。気温が低い時期にガスボンベが冷えることで火力が下がるのを防ぐマイクロレギュレーターを備えており、安定した火力を維持するほか、クッカーからの放射熱でボンベが過熱するのを防ぐ遮熱板もある。

折りたたむとコンパクトになる

風防などオプションが充実しているのもポイントだ。屋外で使用する場合、強風によって火が流れてしまったり、消えてしまうことがある。風防があることで、屋外でも安心して使用できる。点火アシストレバーやケースなど初心者でも安心して使えるオプションが豊富なのも良い。溶岩石プレートなど本格焼肉ができるオプションまであるのは驚くばかりだ。

将来はアウトドアでも使うかもしれないので、とりあえずひとつ備えたい、という人には、まずこれをオススメしたい。

手軽さと拡張性に富むアルコールバーナー

アルコールストーブは静かなのと寒い時期でも燃えやすいため一時期流行したが、冬季用のガスカートリッジの開発によって趣味のコンロ的な位置付けになってしまった。しかし、最近では軽量コンパクトなストーブとして再び見直されつつある。

MONO TRENDY連載記事一覧