くらし&ハウス

How to

いつもと違うシャツ、タイで攻める Vゾーンの変化術 実例 Vゾーントレーニング(4)

MEN’S EX

2018/11/9

〈 ベストの応用 〉

04. ボルドータイの強さを主張感あるベストが中和

ボルドーベースのタイは力強さを表現したいときにうってつけだが、ジャケットの前を開けたときなどには強く主張しすぎるきらいも。ここではあえて個性的な柄ベストを合わせてみた。主張×主張のコーデだが、ジャケットとベストが同系色なこと、またタイとベストのチェックの色味が近いためにうるさくなく、着巧者らしい格の表現にはピッタリだ。

ベスト4万3000円/ボリオリ(ボリオリ 東京店) ジャケット11万円/トゥモローランド(トゥモローランド 丸の内店) シャツ2万8000円/バグッタ(トレメッツォ) タイ2万1000円/リングヂャケット ナポリ(リングヂャケットマイスター206 青山店) チーフ4000円/フェアファクス(フェアファクスコレクティブ)

05. トレンドの茶系コーデにクラシックな色気を注入

オレンジカラー+ラペル付きのダブルブレストとデザインも攻めたベスト。組み合わせに悩みそうだが、茶系のコーディネートにINすれば、ネイビースーツに白ベストを合わせた際のように、柄タイの主張を抑えつつ、装い全体をエレガントに見せてくれる。生地は名門フォックス ブラザーズのフランネル。そのしっかりしたウエイトも格調高さのポイント。

ベスト2万9000円/トゥモローランド ピルグリム(トゥモローランド 丸の内店) スーツ13万円/バーニーズ ニューヨーク(バーニーズ ニューヨーク) シャツ3万3000円/ルイジ ボレッリ(バインド ピーアール) タイ1万8500円/ルイジ ボレッリ(シップス 銀座店) チーフ4000円/フェアファクス(フェアファクスコレクティブ)

〈 ニットの基本 〉

06. パキッとした赤タイの色味をニットの柔らかさが受け止める

ブラウンに滲んだようなネイビーの太チェックを配したジャケットに、パキッとした赤小紋タイの組み合わせ。そのままではタイが目立ちすぎるところ、ダークブラウンのベストが両者をさりげなく橋渡し。スポーティなダブルブレストタイプ、さらにニットゆえの程よい寛ぎ感もあり、そこもジャケットやタイの洒脱な柄ゆきと馴染むポイントになっている。

ニット2万6000円/グランサッソ(グジ 東京店) ジャケット13万円/サンタニエッロ(ラ ガゼッタ 1987 青山店) シャツ1万9000円/山神シャツ(ストラスブルゴ) タイ1万2000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

07. 素朴な味わいの装いを黒ニットでモダンにアレンジ

ところどころに浮かぶネップがラフなムードを高める、ホームスパン調生地のライトグレージャケット。そこにモスグリーンの小紋ウールタイの合わせは本来かなり渋く傾きそうだが、黒のニットベストならVゾーンにキリッとしたコントラストがつき、どこかモダンで洗練された雰囲気を得られる。黒という色が持つフォーマル感や艶気のなせる技だろう。

ニット6900円/WE SUIT YOU(ザ・スーツカンパニー 銀座本店) スーツ27万円/ベルヴェスト(八木通商) シャツ5万6000円/フライ(グジ 東京店) タイ1万8500円/ルイジ ボレッリ(シップス 銀座店) チーフ4000円/フェアファクス(フェアファクスコレクティブ)

くらし&ハウス 新着記事

ALL CHANNEL