700万円のギターも! 憧れのエレキにオトナが心酔

お宝楽器が勢ぞろいし、ガラスケース内には数百万円の希少品が収まる山野楽器本店ギター売場(東京都中央区)
お宝楽器が勢ぞろいし、ガラスケース内には数百万円の希少品が収まる山野楽器本店ギター売場(東京都中央区)

1970年代のロックミュージック黄金時代に10代だった少年も今や50~60代。かつて憧れた有名ブランドのエレキギターにこだわり、プレミアム感のある楽器を探し出して購入できるようになった。中にはギター初心者もいる。楽器店やメーカーも、購入力を伴った彼らの「エレキ愛」に注目している。

「フェンダー」や「ギブソン」など名器ずらり

東京・銀座の山野楽器本店。夕刻の4階ギターフロアに、仕事帰りの中高年サラリーマンがエレキギターを試奏しようとふらりと来店する。「銀座という場所柄、顧客の年齢は40代後半以上がほとんど」と売り場スタッフの島田真理央さんは話す。ウイークデーの昼間には“銀座の旦那衆”の姿も目立つ。

店内には「フェンダー」「ギブソン」「リッケンバッカー」といった老舗のエレキギターブランド、さらに「ステファン・マルキオーネ」など近年の名器がずらりと並ぶ。価格は数十万~数百万円。5万~6万円の品もあるが、銀座本店は数を売る店舗ではなく、「ここでしか見られないえりすぐりの逸品を集めている」(島田さん)という。

現在の店内最高額は「グレッチ」のチェットアトキンスモデルで約700万円。1955年製造で、同機種では世界で2番目に古いらしい。来店者には若者の多い渋谷やお茶の水の楽器店ではなく、大人の街である「銀座」で買いたいとの気持ちもあるようだ。

ビートルズモデルのリッケンバッカー(上)は約48万円、ヘフナー(下)は約31万円で店頭に並ぶ(東京都中央区の山野楽器本店)

「10代の頃は憧れでしかなかった逸品を、中高年が自分へのご褒美として買って行く。特にフェンダーやギブソンなど、好きなギタリストが使用する老舗ブランドにこだわる方が多い」(島田さん)。銀座の自営業者から「自社ビル最上階にスタジオを造りたいので、楽器や機材の相談にまとめて乗ってほしい」との豪勢な相談もあった。

意中の楽器を手に入れたら、やはりバンドで演奏したくなる。神奈川県横浜市の会社員(57)は、子どもが生まれて一度は弾かなくなったギターを45歳で再開し、一気にのめり込んだ。愛器は新興メーカー「パーカー」のFLY MOJO。米国製フェンダー・ストラトキャスターも1台所有し、その完成度の高さに魅せられている。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
初心者向けレッスンも開催
MONO TRENDY連載記事一覧