WOMAN SMART

グルメ・トラベル

栄養を逃さない食品保存術 冷蔵・冷凍・解凍の鉄則は

日経ヘルス

2018/11/9

同じ食材でも保存法、調理法次第でおいしさも栄養価も大きく変わる
日経ヘルス

食品を保存するのに、ただ冷蔵庫や冷凍庫に入れるだけではダメ。同じ食材でも保存法、調理法次第でおいしさも栄養価も大きく変わる。栄養を120%とる正しい保存法と調理法を、食のプロに伝授してもらいました。

■栄養を無駄にしない食品の保存法

忙しいと、つい食材を買いだめしてしまうもの。冷蔵庫に入れておけば大丈夫、と思うかもしれないが、間違った保存方法では早く鮮度が落ち、ビタミンなどの栄養が減ってしまう。冷蔵保存する際は、紙などで包み、野菜の呼吸、成長を止めて劣化を抑えるのがポイントだ。

「肉、魚、野菜のどの食材の場合も、すぐに使わない場合は早めに冷凍してしまったほうがいい」というのは食品の冷凍による変化に詳しい東京工科大学の梶原一人教授。食材の劣化は温度と時間に関係する。「冷凍すれば、ほぼ冷凍した時点の栄養と味をキープできる」という。さらに「正しく解凍すれば、食感も、生の食材を調理した場合と大差は生じない」と同大学の阿部周司助教。正しい保存法さえ実践すれば食品の劣化を食い止められるというわけだ。

栄養を余すことなくとるには、食材の切り方や調理法も大事。栄養の詰まった皮やワタを捨てずに「丸ごと」使う、緑黄色野菜は栄養吸収を高めるために「油ととる」などの「基本の食べ方」を覚えておきたい。

栄養を無駄にしない食品の保存法を詳しく紹介していこう。

■冷凍しても、野菜のビタミンC量は変わらない

14種類の食材を-24℃で冷凍保存し、1カ月ごとにカロテノイド、ビタミンなどの含量を測定した。カロテノイドはサツマイモなどで、ビタミンCは春菊、グリンピースで減少が見られたが、多くの野菜で栄養の損失は見られなかった。下はビタミンC量を表にしたもの。

(データ:日本食品保蔵科学会;23,1,35-40,1997より作成)

WOMAN SMART 新着記事

おすすめの連載
ライフスタイル
日々の暮らしの悩みを解決
ビューティー
忙しくても美しい人の秘密
マネー
お金と賢くつきあいたい
オトナのスキルアップ入門
仕事技、いつもレベルアップ
キャリア
自分らしく働く人を応援
DUALプレミアム
働くママ&パパに役立つ
ALL CHANNEL