グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

話題のこの店この味

パリ発人気スイーツ店続々日本上陸 都内で3店味わう

2018/10/16

スタイリッシュな外観の「MICHALAK OMOTESANDO」

続いては2018年10月、表参道にオープンしたばかりのパティスリー「MICHALAK OMOTESANDO(ミシャラク表参道)」。クリストフ・ミシャラク氏はミシュラン二つ星の「ホテルネグレスコ」や「フォション」、「ラデュレ」で経験を積み、26歳の若さでパリの五つ星ホテル「プラザ・アテネ」にてシェフパティシエに就任したスターパティシエだ。2013年には自身の店舗「ミシャラク・マスタークラス/ミシャラク・テイクアウェイ」をパリにオープンしたのを皮切りに、現在パリ市内では4店舗とラボを展開している。

クリストフ・ミシャラク氏は神戸の「グレーゴリー・コレ」でスーシェフを担当したこともある。ミシャラク氏は「フランスと日本は、世界の中で1、2を争うパティスリー大国です。約20年前、日本で働く機会があり、その時に日本が大好きになりました。また、その当時に将来自分の名前のブティックを日本で開きたいと思いました」と日本で働いた経験が出店のきっかけになったと語る。

パリ本店でも人気の「KOSMIK」

注目はヘルシーな菓子としてパリ本店でも人気の「KOSMIK(コスミック)」(650円、税別)。コスミックは蓋つきの透明な容器にナッツやフレッシュフルーツ、クリームなどを入れ、プラスチックスプーンを添えた持ち歩きできるモバイルスイーツ。「タルトユズシトロンヴェール」(700円、税別)や「ヒステリックショコラ」(750円、税別)など5種類のフレーバーをそろえる。

ファッショナブルで斬新な見た目だけではない。糖分や油脂をなるべく少なくし、すべての食感やテクスチャーの違いに配慮するなど素材や味にこだわっているのが魅力。

今回、日本限定でオーダメイドできる「MY KOSMIK(マイコスミック)」(650円、税別)として登場したのも注目ポイント。ミシャラク表参道の公式アプリで、数あるこだわりの素材からクランブル、シャンティ(ホイップ)、フリュイ(フルーツ)、クーリー(ソース)、グラス(アイス)&ソルベを選択・カスタマイズして注文でき、自分だけのお気に入りの組み合わせを楽しめる。

「MY KOSMIK」のカスタマイズ例

今回試食したマイコスミックは下の層はザクザク食感が楽しいペカンキャラメリゼのフリュイに、キャラメルのクーリーにショコラオレのシャンティ、ショコラのアイス。上には大人な味わいのショコラクランブルがトッピングされていて濃厚かつビターでぜいたくな味わい。ショコラベースだが、食べた後の重たさがないのは驚きだ。

そのほか「ロック&ラグジュアリー」をコンセプトに、クッキーとブラウニーを組み合わせたハイブリッドスイーツ「クーニー」(各350円、税別)など、斬新で新感覚のスイーツが数多く並ぶ。

グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL