新聞紙に無香料洗剤… アマゾンで人気の超ニッチ商品

日経トレンディ

「ケイト アイライナー ダブルラインエキスパート」もウェブでのベストコスメ賞受賞などにより、ウェブのクチコミに敏感に反応する女性の支持を得て販売を大きく伸ばした。

「KATE アイライナー ダブルライン エキスパート」(カネボウ化粧品)。実勢価格918円(税込み)。黒が主流のなか、あえて極薄のブラウンにしたアイライナー。自然な涙袋や二重のラインが描ける。アマゾン「アイライナー」カテゴリー内の上位を獲得

「1プッシュで瞬間消臭 トイレのニオイがなくなるスプレー」は、商品自体がコンパクトゆえ、売り場で埋もれていたがクチコミから火が付いた。1プッシュで消臭成分が空間に行き渡り、壁や床に飛び散ったにおいのもとに作用する。置く場所を選ばず、定量噴射のため200回使用できるのも魅力だ。

「1プッシュで瞬間消臭 トイレのニオイがなくなるスプレー」(大日本除虫菊)。実勢価格547円(税込み)。置き場を選ばないコンパクトさゆえ、店頭では目立たなかったが、アマゾンではクチコミ効果で好調。壁や床に飛び散ったにおいのもとから消臭

「超マニアック」な商品であっても、潜在需要をつかめばヒットするのも、とにかく利用者が多いアマゾンの特徴だ。サンスター文具「かどまるPRO」は名刺の角カット、写真やカードのデコレーションなどに使うマニアックな商品だが、アマゾンだけで年間3万個が売れる。

「かどまるPRO」(サンスター文具)。実勢価格839円(税込み)。名刺やカードなどの角を丸くキレイにカットできる。飲食店のメニュー表などにも使われる他、趣味で使用される例も増加。Amazonで年3万個も売れる
ラミネート加工されたカードにも向く。安全にカットできる

また、シヤチハタ「おなまえスタンプ おむつポン」は、保育園に持参するおむつの記名が面倒だという悩みを見事に解消し、主婦層の心をつかんだ。

「おなまえスタンプ おむつポン」(シヤチハタ)。実勢価格1036円(こども用、税込み)。 おむつに名前を素早く印字できる専用スタンプ。保育園に持参するおむつへの記名が面倒だという悩みを見事に解消。名前を注文時にウェブ上で伝えるだけと購入も簡単だ

コンビニやドラッグストアでは売り場スペースに制限があり、定番商品以外は露出が少ない。それがアマゾンで火が付き人気商品に化ける、ECならではの現象が起きる。カゴメの「野菜ジュース 糖質オフ」は、店舗では棚に並ぶか「当落線上」の商品だが、ECでの売り上げは低糖質ニーズを追い風に「好調だ」(カゴメ)という。

「野菜ジュース 糖質オフ」(カゴメ)。 実勢価格1856円(24本入り、税込み)定番商品に比べてターゲットが狭いが、「糖質オフ」需要は高い。アマゾンで販売しているカゴメの商品のなかで、売り上げ1位だという。200mL

健康効果のある飲料を求める層はウェブでは多く、キリンビバレッジ「生茶デカフェ」や伊藤園「まるごと健康粉末茶 濃いみどり スティック」なども人気が高い。

「生茶デカフェ」(キリンビバレッジ) 。実勢価格1988円(24本入り、税込み)。「カフェインレスは妊娠中の女性を中心に売り上げが高い」(キリンビバレッジ)。ECサイトの利用頻度が高い層のため、動画広告も売り上げに貢献。430mL
「まるごと健康粉末茶 濃いみどり スティック」(伊藤園)。実勢価格1071円(20本入り、税込み)。機能性表示食品として届け出されている粉末緑茶。1本約50円というコストパフォーマンスも魅力だ

MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧