健康・医療

from 日経Gooday

本人の意思を尊重 英国で成果を上げる認知症ケアとは

日経Gooday

2018/10/12

英国の認知症ケアの第一人者で、パーソン・センタード・ケアに詳しいヒューゴ・デ・ウァール博士
日経Gooday(グッデイ)

 英国国立認知症ケア・アカデミー「ハマートンコート」では、「パーソン・センタード・ケア」という考え方に基づいた認知症ケアを実践し、認知症の重症患者の状態が改善するなどの成果を上げている。認知症の母の日常を記録したドキュメンタリー映画『毎日がアルツハイマー』シリーズ(関口祐加監督)でも紹介されたパーソン・センタード・ケアとはどんなものなのか、どのように行われているのか。認知症ケアの第一人者で、ハマートンコート施設長のヒューゴ・デ・ウァール博士に話を伺った。

■パーソン・センタード・ケアで患者の退院が可能に

 パーソン・センタード・ケアは、認知症の人を一人の人間として尊重し、その人の立場に立って理解し、ケアを行うという考え方である。英国の心理学者、故トム・キットウッド教授が提唱し、英国ではNSF(National Service Framework for elder people 2001:高齢者サービスを行う際の国家基準2001年版)に取り入れられている。

ドキュメンタリー映画『毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル~最期に死ぬ時。』の中で、関口監督と話すヒューゴ博士(C)2018 NY GALS FILMS

 2012年に開設された英国国立認知症ケア・アカデミー「ハマートンコート」では、このパーソン・センタード・ケアを取り入れた認知症ケアを行っている。ヒューゴ・デ・ウァール博士は2009年にハマートンコートの前身となる認知症専門病棟の責任者を引き継ぎ、旧態依然とした施設を建物ごと一新した。そして認知症ケアに適した設備と技術を備えたハマートンコートが誕生した。

 「以前の病棟は病院の中でも最も古い建物で男女1棟ずつの2棟に44のベッドがありました。病室は薄暗く、患者さんのプライバシーはあまりありませんでした。ケアについても日中のアクティビティーが少なく、患者さんは同じ場所にただ座っているよりほかありませんでした。そして、患者さんが寝てくれない、暴れるなどの問題があれば抗精神病薬などの薬を使っていました。そんな環境が認知症の患者さんに良いわけがありません」とヒューゴ博士。

 一方、新しく生まれ変わったハマートンコートは、3棟に39のベッドがあり、患者にはバスルーム付きの個室が与えられた。また、病棟からアクセスできる共用の中庭を造り、患者は自由に出入りができるようになった。「施設には人の動きを感知するセンサーが組み込まれているほか、日本では一般的かもしれませんが、英国では珍しい水道の蛇口が自動的に止まる技術も備えているので、認知症の患者さんに安心して過ごしてもらえるようになりました」(ヒューゴ博士)。ハマートンコートではこうした環境の中、看護師が24時間体制でパーソン・センタード・ケアを取り入れたケアを行うのだ。

 ハマートンコートに入院するのは、認知症が進行して自宅やケアホームでのケアが難しくなった重症患者が多い。通常、認知症専門施設に重症の認知症患者が入院すると、亡くなるまで退院することは難しい。以前の施設でも入院期間は平均4年で、退院できる人は少なかったという。しかし、ハマートンコートが開設され、パーソン・センタード・ケアを行うようになってからの平均在院日数は4~6カ月程度と激減した。約95%の人は退院でき、そのうち約25%が自宅に戻り、約75%がケアホームなどに移る。抗精神病薬の使用も60~70%減ったという。

 状態が安定した患者が退院する際、同施設ではその人に合ったケアプランを書き、「このようなやり方でケアを行ってください」とケアホームのスタッフや在宅医療に関わるスタッフ、あるいは介護する家族などに説明し、手渡す。さらに、言葉だけではなく、ハマートンコートの看護師が、ケアホームなどに赴き、どのようなケアを行うのか、具体的にケアを行ってその様子を見てもらい、引き継ぐという。

 「パーソン・センタード・ケアには、誰にでも共通して使えるマニュアルがあるわけではありません。患者さんによって具体的な対応策は異なります。ですから実際に見てもらい、丁寧に説明しないと理解されないことも多いのです」とヒューゴ博士は語る。

■薬に頼らず、その人の過去・感情・人格にフォーカス

 では、パーソン・センタード・ケアは実際にどのように行われるのか。

 例えば、夜中に起きて朝まで全然寝ない患者に対し、ハマートンコートでは、すぐに安定剤や睡眠薬を処方することはない。

健康・医療

ALL CHANNEL