WOMAN SMART

キャリア

広がる女性の再雇用 古巣でのびのび、管理職復帰も

2018/10/2

再雇用された岡田真由さん(右)は現在、新入社員の指導役を担っている(明治安田生命保険千住支社、東京都足立区)

出産や結婚など家庭の事情で退職した女性社員を呼び戻す動きが活発になっている。新卒・中途採用だけでは十分な人材を確保できず、企業はかつて社内で活躍した元社員に熱い視線を送る。家庭に1度入った女性にとっても勝手知ったる職場なら、キャリアを円滑に再開しやすい利点がある。

■再雇用希望者に復帰促すメール

「あれ? 何かメールが来てるよ」。最初に気付いたのは夫だった。夫婦共有のメールアドレスにかつて退職した勤務先から、もう一度働く意思はないかと尋ねる電子メールが2016年11月に舞い込んだ。

岡田真由さん(38)は02年に明治生命保険(現明治安田生命保険)に総合職として入社。だが09年に出産・育児と夫の転勤が重なり、仕事を辞めた。このときに再雇用に関心はあるかと問われて「チャンスがあれば」と答えた記憶はある。ただその後、特段アプローチはなし。やり取りさえ忘れかけていたときにメールが突然届いた。その日のうちに「ぜひもう一度働きたい」と返信。筆記試験と面談を経て、17年4月に再入社した。

子どもも小学生になり、子育ても一段落。古巣に戻った明治安田生命保険の岡田真由さん(中)(自宅で)

現在は東京都内の支社に勤務し、新人営業職33人の教育を担う。以前培った知識を生かして、契約書類に不備がないかを確認し、手続き手順を助言する。「再入社した日に社員IDカードを手渡されたとき、心の中で『よしっ、やったー』と叫んでました」と笑顔で打ち明ける。家庭の事情でやむなく辞めたが、仕事は大好きだった。「ちょうど再就職を考えていた時期。何も知らない会社に就職してゼロから学ぶより、事情を知る元の勤務先に戻る方が気持ちも楽だ」

明治安田生命は08年に再雇用制度を導入した。ただ制度はつくったものの積極的に活用していなかった。運用を見直したのは15年。背景は人手不足だ。退職時に再雇用の意思を示した社員全員に復帰を促すメールを送った。岡田さんが受け取ったのも、このメールだ。子育てが一段落した元女性社員ら6人を17~18年に再雇用した。住吉敏幸執行役員人事部長は「せっかく育てた優秀な人材。働ける環境が整ったならもどってきて、ぜひ活躍してほしい」と説明する。

WOMAN SMART 新着記事

おすすめの連載
ライフスタイル
日々の暮らしの悩みを解決
ビューティー
忙しくても美しい人の秘密
マネー
お金と賢くつきあいたい
オトナのスキルアップ入門
仕事技、いつもレベルアップ
キャリア
自分らしく働く人を応援
DUALプレミアム
働くママ&パパに役立つ
ALL CHANNEL