綾瀬はるかさん 『ぎぼむす』をヒットさせた求道力

綾瀬はるかさんが主演を務める火曜ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)が完結、最終回(第10話)は平均視聴率が19.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、2018年夏の民間放送の連続ドラマで1位となりました。ネット上では省略した番組のタイトルで「ぎぼむすロス」なる言葉も出ています。このドラマがヒットした最大の理由は義母・亜希子役を演じた、綾瀬はるかさんの好演だったように思います。

(イラスト:川崎タカオ)

綾瀬さんの演技力に称賛の声

約10年におよぶ義母と娘のハートフルな触れ合いの物語がクールにそして時に熱く描かれたこのドラマで、綾瀬さんは娘を持つ男性と結婚し、キャリアウーマンの道を捨てて畑違いの家事や育児に奔走する義母役を演じました。難しい役どころだったと思いますが、その演技に対して「キャリアウーマンの立ち居振る舞いと所作が美しい」「綾瀬さんの演技力恐るべし」など、視聴者からは称賛の声が上がりました。

もともと綾瀬さんは美しくて清潔感のある女優さんとして好感度が高く、『日経エンタテインメント!』の「タレントパワーランキング」で総合2位、女優部門では1位となっています。そのイメージに加え、今回のドラマを通して演技力に対する評価も加わり、女優としてさらなるステージアップを遂げたと言えるのかもしれません。

綾瀬さんと言うと、どうしても天然キャラのイメージが強いのですが、実は以前から役者としてプロフェッショナルな求道心で演技に臨む姿勢に対する評価の声が上がっていました。

芝居で手を抜くことはしたくない

2013年に放映されたNHK大河ドラマ『八重の桜』で、綾瀬さんは「幕末のジャンヌ・ダルク」と呼ばれた主人公の山本八重を演じています。ドラマ関連のインタビューで、綾瀬さんは「私にとっての『ならぬこと』は、手を抜くこと。自分が思う限りでは、お芝居で手を抜いたことは今までないですけど、それでも後になってこうしておけば良かったということはあるんです。お仕事に限らず、日々の生活でもそう。辛いと思ってもそこをぐっとこらえて頑張ると自信になったりもするので、手を抜くようなことはしたくない。あとで、ああって思いたくないんです」と語っています。

ドラマでは男まさりの役どころで、その時代ならではの鉄砲の使い方やなぎなたの所作を求められたそうですが、毎日120回の腕立て伏せをするなどの筋トレで乗り切ったことで知られています。いまでもアクションシーンのある出演依頼があった時に備えて、毎日のトレーニングを怠らないそうです。

この何ごとにも手を抜かないという姿勢、まさに『ぎぼむす』の主人公である亜希子に通じるところがあるように思います。亜希子は様々な困難に直面する場面でこの求道心と探求心あふれる姿勢で物事と向き合っていました。

演じていた綾瀬さん自身も、生きている環境は亜希子とは違っていても、同じような求道心で仕事をはじめとする目の前にある物事と向き合ってきたのでしょう。だからこそ、今回の好演なのだと思われてなりません。

人はどうしても自身の長所や魅力に気づくと、その資質に甘えたままで過ごしがちです。

例えば、ビジネスシーンにおいて企画書を作成するのが得意であると自覚した途端に、一日あればなんとかできるとばかりに、さらなる創意工夫を試みることなく予定調和でまとめてしまったり、笑顔がかわいいと称賛されたら、笑顔を振りまけばどの場も乗り切れるとばかりに業務上の作業を雑なままおろそかにしてしまったり……資質に甘えた姿勢で仕事に臨んでいる人の姿を見受ける場面も多いのではないでしょうか?

次のページ
自分に厳しくても周囲に愛される人柄