アラサー女子の東京一人暮らし ご近所と猫いれば満足アラサー女子 素顔のライフストーリー[坂東綾乃さん(仮名)・後編]

写真はイメージ(撮影:福永望)
写真はイメージ(撮影:福永望)

ここは東京・門前仲町の駅前にある喫茶店。門前仲町は、富岡八幡宮と深川不動尊の門前町として古くから栄え、富岡八幡宮の祭礼である深川祭は今でも江戸三大祭に数えられるほど盛り上がる。氏子の各町会から50基以上のみこしが出て、沿道からは暑さよけの水が大量にかけられる勇壮な祭りだ。

「私も近所のお祭りで昨年、おみこしデビューをしました。担ぎ手が少ないので喜んでもらえます。私は背が低いので担ぎ棒まで肩が届かなくて、ほとんど役に立っていませんけど……」

人懐こい笑みを浮かべながら話してくれるのは、経営コンサルティング会社に勤務する坂東綾乃さん(仮名、30歳)。北関東出身で、現在は都内の賃貸マンションで猫を飼いながら一人暮らしをしている(前回記事:「年収700万円・30歳女子 リアル店舗で買わない理由」)。

綾乃さんが住んでいるのは門前仲町ではないが東京23区内で、地元の人が熱心に参加する小さな祭りが続いているという。

「20人ぐらいが参加するLINEグループもあって、お祭り前になると盛んにやり取りしています。おかげで寂しくありません。マンション相場が値下がりしたら、近所で中古マンションを買おうかと思っています。そうすればこのまま一人でも生きていけそうです」

ときどき合コンへ、でも収穫ゼロのときは疲れが半端ない

1年間ほど付き合った恋人と2年前に別れて以来、ちゃんと好きになった人はいないと告白する綾乃さん。出会いをあきらめたわけではなく、学生時代の女友達などと一緒にときどき合コンをやっている。

「きのうも新宿で合コンでしたが、あまり楽しくはありませんでした。相手の男性は、30代なのに毎日10時間もスマホゲームをやっているという博士課程の学生さんがいたり、なぜか二子玉川在住を異常にアピールする人もいて……。期待して参加しているだけに、収穫がなかったときの疲れ具合が半端ないです。これからは期待せずに済むゆるい飲み会だけに行こうかと思っています」

注目記事
次のページ
周囲の「できる男性」は既婚者ばかり