10代に人気の「ゲーミングPC」 中古市場も急成長西田宗千佳のデジタル未来図

派手な外観も人気の一部になっている。写真はRazerのRazer Blade
派手な外観も人気の一部になっている。写真はRazerのRazer Blade

沈み続けてきたパソコン市場の中で、唯一大きく伸びているジャンルがある。それが「ゲーミングPC」だ。少し前までは海外だけの流れだったが、いまや日本でも確固たるジャンルを築きつつある。なぜゲーミングPCは伸びているのか? 実は「スマホネーティブ世代」の趣向と大きく関係しているのだ。

パソコンの成長をけん引する「ゲーミングPC」

ゲーミングPCとは、その名の通り「ゲームをするためのパソコン」のことを指す。

ゲームにもいろいろあるが、3Dグラフィックスを多用した今どきのゲームでは、高いCPU性能と、描画を高速化する「GPU」の性能が必要になる。一般的なパソコンにもGPUは搭載されているが、ウェブや動画を見たり、ちょっとした3Dグラフィックスを表示する程度の目的にしか使えない。ゲームの求める描画性能を実現するには、高価で高性能なGPUを搭載する必要がある。

ゲーミングPCに必要な要素はほかにもいろいろある。

高性能なGPUは消費電力が大きく、発熱も大きい。それをゲーム中安定的に動かすには、高度な空調能力も必要になる。メモリーも大量に搭載したいし、ストレージもハードディスクではなく、アクセスが速いSSDが望ましい。

そうして、ゲームに必要な要素を積み上げ、「ゲーマーが求める性能を持つパソコン」を作り上げたのがゲーミングPCである。デスクトップ型だけでなく、ノートパソコンでそうした性能を実現した製品も多い。

ゲーミングPCに代表される「プレミアムパソコン」の出荷の伸びは、パソコン市場回復の原動力になると期待されている。市場調査会社の調査による2018年第2四半期の全世界パソコン出荷台数は、ガートナーでは1.4%、IDCでは2.7%と、わずかではあるがともに増加傾向を示していた。四半期ベースで前年同期を上回るのは2012年第1四半期以来6年ぶりである。そして、その伸びをけん引しているのが「ゲーミングPC」に代表されるプレミアムパソコン、と分析されている。

注目記事
次のページ
派手な外観が10代に受け入れられる