2018/9/20

[ ベストセットアップスーツ #3 ]
ニット素材ならデニム通勤にもマッチする
【 ビジカジ 】内勤日に上品カジュアルなデニム通勤

ニット3万1000円/ジョン スメドレー(ビームス ハウス 丸の内) デニム3万2000円/エージー(エージー ジャパン) 靴6000円/コンバース(コンバースインフォメーションセンター)

■PAUL STUART/ポール・スチュアート

仕事服に欲しい軽さと品格が融合

伸縮性と保形性があるラッセル編みニットで、快適な着心地と上品な構築感を両立した新作。ニットのカジュアルな表情はデニムにも◎。タートルネックを合わせればスマートな内勤スタイルに。 ジャケット4万9000円〈10月上旬発売予定〉(SANYO SHOKAI)

【 休日 】友人宅への招待でこなれたジャケパンに(上)

【 ビジネス 】柔和な印象で部下との打ち合わせに(下)

上:パンツ2万3000円〈10月上旬発売予定〉/ポール・スチュアート(SANYO SHOKAI) ジャケット6万6000円/ラルディーニ(エディフィス 丸の内) ポロシャツ2万7000円/グランサッソ(エスディーアイ) 靴15万2000円/エドワード グリーン(ストラスブルゴ) 下:ジャケットは「ビジカジ」、パンツは「休日」と同じ。ニット1万6000円/エトネ、靴2万8000円/バーウィック 1707(以上ユニバーサルランゲージ 渋谷店) シャツ1万3000円/マッキントッシュ フィロソフィー(SANYO SHOKAI) タイ3万円/アット ヴァンヌッチ(レガーレ)

親近感を感じさせるソフトでこなれた表情

組下はシックなグレーパンツとして着回せる。ざっくりとこなれた表情にリラックス感漂うジャケットを合わせれば、寛ぎつつも品良く見せたい休日に最適な装いに。またニットの柔らかさはチェックシャツやニットなど、カジュアルなアイテムとも好相性。そのソフトでやさしげな雰囲気が、親しみやすい人柄を演出してくれる。

※表示価格は税抜きです。

撮影/野口貴司(San Drago)〈人物〉、若林武志、西山 航〈静物〉、長尾真志、椙本裕子〈取材〉 スタイリング/武内雅英、宮崎 司(CODE) ヘアメイク/松本 順(辻事務所) イラスト/千野工一 構成・文/伊澤一臣、小曽根広光 文/吉田 巌(十万馬力)、秦 大輔、竹石安宏(シティライツ)、礒村真介、安岡将文 撮影協力/バックグラウンズファクトリー

MEN'S EX

[MEN’S EX 2018年10月号の記事を再構成]

SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram