無線LAN高速化の新手 メッシュネットワーク機とは?

日経トレンディネット

メッシュネットワークは複数台の無線LANルーターを組み合わせることによって、遠方での電波状況を改善し、通信速度や接続性の向上が期待できる(画像はイメージ=PIXTA)
メッシュネットワークは複数台の無線LANルーターを組み合わせることによって、遠方での電波状況を改善し、通信速度や接続性の向上が期待できる(画像はイメージ=PIXTA)
日経トレンディネット

2018年の春に、米グーグルがメッシュネットワーク対応無線LANルーター「Google WiFi」を日本で発売して話題になった。またつい先日、無線LANルーターで国内トップシェアのバッファローが対応機器を発表したことで、無線LAN(Wi-Fi)のメッシュネットワークに注目が集まっている。

メッシュネットワークは、対応の無線LANルーターを同じ空間に複数台設置することで、無線LANの電波を遠方に効率良く伝達できる仕組み。

中継器と比べたメリットは何?

無線LANの電波は、無線LANルーターを設置した場所から遠くになればなるほど届きにくい。電波が届かないと、通信状態は悪化する。2~3階建の一戸建てや部屋数が多く広いマンション、オフィスのような広い空間に無線LANルーターを設置する場合、どうしても通信状態が悪い場所ができてしまう。

無線LANルーターと通信状態が悪い場所をつなぐところに中継機を設置すれば、遠方での通信状態が改善されることがある。ただ、中継機は設置した場所の通信をそのまま遠方に伝達する仕組みだ。中継機を設置した場所の通信状態が悪いと、それをそのまま中継するため、遠方の通信状態の向上は期待できない。また、電波は目に見えないため、効率の良い場所に中継機を置くのは至難の業だ。

無線LANルーターと中継機の間の通信経路は一つしかないため、中継機に接続する台数が多くなると通信がそこで詰まり、速度が低下することもある。中継機が故障すると、中継機に接続していた機器の通信がすべて切断されてしまうのも欠点だ。中継機を多段接続した環境で途中の中継機が壊れてしまったら、それ以降の機器がすべて通信できなくなってしまう。このように中継機にはデメリットが多い。

一方、メッシュネットワーク対応の無線LANルーターは、同一環境に複数設置すると相互につながって網の目(メッシュ)のように電波を張り巡らす。設置する無線LANルーターが多くなるほど、電波の網の目は細かくなり、電波の受信可能範囲を広げられる。

中継機と違い、親機となる無線LANルーターまでの途中経路は複数あり、最も状態の良い経路を自動的に選んで接続するので、効率が良く、通信速度の向上が期待できる。また、複数の無線LANルーターで接続を分担するため、接続台数が多い状況にも強いという。パソコンやスマホからは、自動で現在地からもっとも電波状態の良い無線LANルーターに接続するので、接続の切り替えも一切不要だ。

メッシュネットワークは複数台の対応無線LANルーターから網の目(メッシュ)のように電波を張り巡らし、効率良く通信する仕組み。画像はGoogle WiFiの製品ページより
MONO TRENDY連載記事一覧