WOMAN SMART

ヘルス

変わる女性の内臓脂肪 更年期前から始めたい対策は…

日経ヘルス

2018/9/14

正しい内臓脂肪対策を知ることが大切(写真はイメージ=PIXTA)
日経ヘルス

女性の体脂肪は、更年期以降、皮下脂肪型から内臓脂肪型へと変化をとげる。そこで、更年期以降の正しい内臓脂肪対策を、○と×で知っておこう。

■【1 更年期以降、内臓脂肪が増えるのは女性ホルモンが原因?】
○ エストロゲンの減少が影響します

閉経前の女性の体は、女性ホルモンによって守られている。女性ホルモンのおかげで、女性は、同年代の男性と比較して、皮下脂肪はつきやすいが、内臓脂肪がつきにくく、メタボリックシンドロームのリスクが低い。

更年期以降、そんな女性ホルモンの下支えは失われてしまう。「若いころのように食べすぎたり、運動不足の人は、更年期以降、生活習慣を変えなければ、内臓脂肪がたまる」と慶應義塾大学保健管理センターの横山裕一教授は警鐘を鳴らす。

更年期以降に起こる女性ホルモンの低下は、顔のほてり(ホットフラッシュ)、のぼせなどの自律神経症状から不眠、倦怠感、脂質異常症、高血圧、骨量減少など全身のさまざまな臓器に影響をもたらすが、それは「体脂肪のつき方」にも及んでいる。

横山教授によれば、最近、女性ホルモンのうちエストロゲンが、内臓脂肪の蓄積を防ぐことがはっきりわかってきたという。「エストロゲンは、体内で内臓脂肪をため込む働きを促す酵素『アルデヒド脱水素酵素』を抑える。しかし、更年期以降、エストロゲンが減ると、この酵素の働きが高まってしまい、内臓脂肪が蓄積されるようになる」と横山教授は説明する。

横山教授は「内臓脂肪は生活習慣を改善すれば減らせる。食事や運動習慣、睡眠を改善して、内臓脂肪を撃退したい」と話す。

内臓脂肪は生活習慣を改善すれば減らすことができる

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
成功体験を何回積んでも「自己肯定感」が低い人の心
日経ARIA
女子バレー中田久美監督 ロス五輪は「屈辱の銅」だ
日経doors
暗闇ボクシング爆速成長 経営者は20代塚田姉妹
日経DUAL
中学受験からの撤退 挫折感を持たせない方法は?
ALL CHANNEL