WOMAN SMART

ファッション

多彩な秋冬トレンド ウエスタンやレトロモダンも注目 宮田理江のファッション戦略論

2018/9/11

ネクストトレンドを押さえておけば、旬の着こなしを楽しめる
日経ウーマンオンライン

2018-19年の秋冬ファッションには、多様性と主張の強まりが見られるそうです。ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんがトレンドを解説します。

2018-19年秋冬シーズンのファッションは多様性(ダイバーシティー)が広がり、主張が強まる。ボリュームのあるシルエットや、フォークロア、カウボーイ風の装い、ストリートやスポーティーのムード、りりしいパワードレッシングなど、さまざまなテイストが提案されている。ネクストトレンドを押さえておけば、旬の着こなしを楽しめる。

■トレンド1「ボリュームシルエット」

ビッグボリュームが2018-19年秋冬の最大トレンドとなりそうだ。これまでもオーバーサイズのシルエットがもてはやされてきたが、今度のトレンドではファニーなほどの量感が提案されている。朗らかなボリューム感を、フェミニンで愛らしいムードでまとうのが新しい迎え入れ方だ。

AKANE UTSUNOMIYA 2018-19年秋冬コレクション AKANE UTSUNOMIYA(アカネ ウツノミヤ)

まるでテディベアのぬいぐるみを思わせるような、たっぷり量感のファーは、ボリュームルックをグラマラスに華やがせる。フェイクファー、エコファーは色染めやカッティングの面でも表現力に富んでいる。

AKANE UTSUNOMIYA 2018-19年秋冬コレクション AKANE UTSUNOMIYA(アカネ ウツノミヤ)

キルティングや中綿で膨らませたボリュームアウターは来季の主役アイテムとしての期待が大きい。ファーのようにけば立った風合いのニットは穏やかな表情を帯びる。顎を隠し、長く垂らす、ビッグマフラーもトレンド小物として登場する。

AKANE UTSUNOMIYA 2018-19年秋冬コレクション AKANE UTSUNOMIYA(アカネ ウツノミヤ)
AKANE UTSUNOMIYA 2018-19年秋冬コレクション AKANE UTSUNOMIYA(アカネ ウツノミヤ)

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
25歳社長・酒向萌実が実践する「閉じない」働き方
日経DUAL
低学年夏のルール作り テレビやゲームの制限は
日経ARIA
吉田晴乃さん死去の前日、人生最後になった渾身の演
日経doors
吉種怜 遠回りキャリアこその太い軸、迷ったらGO
ALL CHANNEL