ナショジオ

旅・風景

今も100万人居住 中国、地下核シェルターの実像

日経ナショナル ジオグラフィック社

2018/9/9

ナショナルジオグラフィック日本版

中国、北京の魏公村地区にあるノン・イン核シェルターの自室で、ベッドに座るシェンさん(23)。多くの若者がより豊かな生活を求め、地方を後にして北京に移住している(PHOTOGRAPH BY ANTONIO FACCILONGO)

 1960年代後半から70年代、冷戦下の中国では万一核兵器が使用された場合に備えて、核爆弾の爆発に耐えられるシェルター付きアパートが都市部の地下に建設された。当時の毛沢東主席の指示だった。こうしたシェルター付きアパートは、今では違う目的で使われている。イタリア人写真家のアントニオ・ファシロンゴ氏の写真で紹介しよう。

 中国が広く世界に門戸を開いた80年代初め、地下に作ったシェルターは役割を終え、中国国防部はシェルターを民間に貸し出すことにした。北京だけでも約1万の地下シェルターがあり、今では100万を超す人たちが、夜になると、北京の慌ただしい通りから地下の世界へと消えていく。大半が移民の労働者か、地方から出てきた学生たちだ。地上の世界にいると、その暮らしぶりを知ることはほとんどない。

北京の魏公村地区では、こうした建物の地下に核シェルターがある(PHOTOGRAPH BY ANTONIO FACCILONGO)

■禁じられた撮影

 地下シェルターを見つけるのは簡単だったが、中に入るこのは難しかった。どこのシェルターでも「核シェルターに外国人が入ることは法律で禁じられている」と、警備員に追い返されるのだ。ファシロンゴ氏は地元の役所に正式な申請書を提出したが、それでも断られた。結局、氏は、警備員が昼食で入り口を離れたすきに中に忍び込んで撮影したのだ。

 しかし、住人のほとんどは写真に撮られることをいやがった。

 「150人くらいに会いましたが、撮影に応じてくれたのは50人ほどでした」とファシロンゴ氏は話す。「いい仕事に就いて、いいアパートに住んでいると、田舎の家族に伝えていた人たちは、私に撮られることに不安を感じていましたね」

 実際、地下シェルターでの生活は厳しい。戦時や放射性物質の降下に備えて数カ月暮らせるよう作られただけあり、電気、配管、下水設備はあるが、適切な換気装置がない。空気はよどみ、かび臭い。共同で使う台所やトイレは狭苦しく、不衛生だ。

 現地の法律は、最低限の居住スペースを借家人1人あたり4平方メートルと定めているが、無視されていることが多い。ファシロンゴ氏が撮った人たちの中に、4歳のジンジンちゃんがいる。祖母、父、弟と暮らす部屋は、ベッド1台が入るだけの狭さだ。この家の隣にはもっと広い空間があるが、オートバイの駐車場として使われている。

ナショジオ新着記事

ALL CHANNEL