ピアニスト綱川千帆 バルトークで奏でる欧州への郷愁

英国を拠点に活動してきたピアニストの綱川千帆さんが帰国しCDデビューした。欧州への郷愁がテーマだ。ベーラ・バルトーク(1881~1945年)の「ルーマニア民族舞曲」を中心にCDと演奏について語る。

10歳で才能を見いだされ、12歳で渡英。20世紀ピアノ界の巨匠アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ氏(1920~95年)の一番弟子ノレッタ・コンチ氏に師事したという英才教育の申し子。英国王立音楽院在学中に数々のコンクールなどで受賞した。英国王立音楽大学修士課程を修了後も英国に残り、滞在期間は20年に及んだ。ロンドンの名門ウィグモアホールをはじめ欧州各地で演奏活動を続け、2015年に帰国したという逸材だ。

今は栃木県に在住し、地元でピアノを教えたり演奏会を開いたりしている。東京にも生徒がいるそうで、「今日はピアノを教えるために出てきた」と話す。「新幹線で50分だからそんなに遠くは感じない」。そう言いながら東京・銀座のヤマハ銀座ビル別館の一室で語り始めた。

英国滞在20年への郷愁を込めたデビューCD

「ずっと日本にいなかったから人脈も足場もない」と綱川さんは言う。しかしコンサートや音楽祭に引っ張りだこだった欧州での実績を見れば、埋もれさせるわけにはいかないピアニストであることは確かだ。そんな中、6月7日にリリースされたのが彼女のデビューCDアルバム「ノスタルジア」(発売元 コジマ録音/ALM RECORDS)だ。

「ノスタルジア(郷愁)」というタイトルは「欧州への郷愁」をテーマにすることから名付けたという。「20年ぶりに帰国し、大きな環境の変化から生活も練習も落ち着かない期間があった。その時期に、(欧州への)ノスタルジックな気持ちというのは、今でなければ上手に表現できないのではないかと思った」と話す。そんな思いを抱いていたときに「頭の中に流れてきたメロディーが今回、CDに収録した曲になっている」。欧州での演奏家としての経験に郷愁が加味されたプログラムだ。

収録した曲は、前半がスカルラッティのソナタ2曲、ベートーベン「バガテル」、プーランク「間奏曲」、ラヴェルの「鏡」から「悲しい鳥たち」。バルトークの「ルーマニア民族舞曲」をはさんで、後半はプロコフィエフの大作「束(つか)の間の幻影」を収めている。古典から現代まで、西欧から東欧、ロシアまで、彼女のレパートリーの広さを印象付ける。この中でバルトークの「ルーマニア民族舞曲」には「ルーマニアへの演奏旅行の思い出が詰まっている」と言う。

注目記事
今こそ始める学び特集