2018/9/1

週末は家めしクッキング

シチリア風イワシのトマトソースパスタ材料 本来は、パセリではなくフェンネルという野菜を使う

次は、南イタリア・シチリア島の定番、「イワシのトマトソースパスタ」。

<材料(4人前)>

イワシ味付け 2缶 / アンチョビ 1缶 / トマトソース(今回はピザ用ソースを使用) 1~2カップ / オリーブ 1カップ / オリーブ油 大さじ5 / パン粉 大さじ2~3 / 松の実 大さじ1~2 / レーズン 大さじ1~2 / ニンニク・トウガラシ・パセリ 各適量 / 太めのパスタ 乾麺で250グラム / 塩・コショウ 各適量

太めのパスタにたっぷりとソースを絡ませる トッピングはアンチョビパン粉

<作り方>

(1)大さじ2のオリーブ油で、パン粉とみじん切りにした半量のアンチョビをいため、取り出しておく

(2)パン粉を取り出したフライパンに、大さじ3のオリーブ油、つぶしたニンニクとトウガラシを入れ、残りのアンチョビ、イワシ1缶、松の実、レーズン、みじん切りのパセリをさっといためる。トマトソースとオリーブを加え、10~15分ほど煮込み、塩・コショウで味を調える

(3)パスタをゆで、(2)のソースを絡める

(4)皿に盛り、残しておいた形のよいイワシと(1)をトッピングしてでき上がり

ここでは、シチリア発祥のブカティーニという、中心に穴の開いた極太(2.7ミリメートル)のロングパスタを使用した。太めのパスタを用意してもらえればよい。ただし、アンチョビが染み込んだパン粉こそ、シチリア風なので忘れずに。

カボチャとサバみそのブルーチーズグラタン材料

さて、メインディッシュとしては、来月のハロウィーンにもピッタリな「カボチャとサバみそのブルーチーズグラタン」。これも、料理教室で人気の一品だ。

<材料(4人前)>

サバみそ煮 1缶 / タマネギ 大1個 / みそ 大さじ1 / バター 大さじ1~2 / カットカボチャ(冷凍) 300~400グラム / ゆで卵 2個 / ブルーチーズ 50~80グラム / 塩・コショウ 各適量