消費者直結、ファッション特化クラウドファンディングキャンプファイヤーの「CLOSS」

「前述のALL YOURSと同じく、EVERY DENIMもCFには積極的で、今までにも数回プロジェクトを実施しています。このプロジェクト実施期間のPRの組み方も非常にうまくやっていて、テレビ出演などもしたので、目標金額よりずっと高く集めることができたように思います」

■ブランドの発信力が鍵になる

――そうした事例もある中、ファッションのCFをもっと広めるために、どのような課題がありますか。

「サービスを開始した2年前よりハードルは下がったとは思いつつも、デザイナーズブランドがそこに率先して入ってくるかというと、そうではありません。加えて、CFは企画からリターン(返礼品)履行までプロジェクトが細分化されるので、プロジェクトの組み方や発信する力が非常に大事。しかし、クリエーションだけでなくそこまでしっかりできる方はまだ少ないように思います」

「だから、今後はよりサービスを利用してもらうためには我々はサポートの仕方を考えなければいけません。プロジェクトオーナーの声をしっかりと届けることが重要なので、CLOSS側で一から十までやってしまうと、本来のCFと本質が違ってしまう。ブランドがクリエーション以外の部分もうまくできるようなサポートをもっとできないかと日々模索中です」

――CLOSSの今後の目標は。

「立ち上げのころから言っていることではありますが、『ファッションの民主化』をうたっているので、今後ブランドを立ち上げたとき、新しい商品を作ったときの販路の一つとして挙がるようになりたいです」

「今ようやくEC(電子商取引)がそこまできたレベルだと思いますが、新しいブランドを立ち上げたとき、販路のひとつとしてCFもやる、という選択肢を一般的にしたいですね。そして、ファッションだったら一番にCLOSSがイメージされるような立ち位置になりたいなと思っています」

《会社概要》
社名:キャンプファイヤー 設立:2011年1月 所在地:東京都渋谷区 資本金:約19億円 事業内容:クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」「polca」、評価型与信モデル融資「CAMPFIREレンディング」、アパレル製造プラットフォーム「STARted」などの企画・開発・運営

文:FACY編集部 岩崎佑哉(https://facy.jp/) 写真:加藤潤

「Fashion × Tech」記事一覧

Watch Special 2020
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2020
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト