そうめんは夏だけじゃない 「塩そうめん」で年中美味魅惑のソルトワールド(20)

めんつゆでなく、塩で味わうそうめん料理もおいしい(そうめんチャンプルー)
めんつゆでなく、塩で味わうそうめん料理もおいしい(そうめんチャンプルー)

うだるような暑さが少しは落ち着いてきた今日このごろ。とはいえ、まだまだ厳しい残暑が続いています。ついつい冷たいものばかり食べてしまって、胃が疲れて食欲が落ち気味という人も多いのではないでしょうか。そんな時にお薦めなのが、そうめん。「食べすぎてもう飽きた」という声も聞こえそうですが、冷たくしても温かくしても良しという、年間を通じておいしく食べられる食品なのです。特に塩で調理する「塩そうめん」なら、通年でいけますよ。

まず、なぜそうめんは夏の食べ物としてのイメージがついてしまったのか。それは、そうめんが一般的に民間に広がった経緯にあります。

平安時代に七夕の行事食として食べられたのが、そうめんの原型のようだ

そうめんは中国から伝来したと言われています。原型は小麦粉と米粉を水で練って塩を加えて縄状にして揚げた「索餅(さくべい)」という食べ物とされ、流行病で亡くなった貴族の子供の霊を鎮めるために、命日の7月7日に毎年お供えされたと言います。ここから、「索餅を備えると流行病にかからない」という中国の故事が生まれ、日本に伝来してからは平安時代に七夕の行事食として、醤(ひしお)という調味料につけるなどして宮中で食べられていました。室町時代の文献にはすでに「索麺(さうめん)」として登場し、江戸時代にはそれが現在の「素麺(そうめん)」に置き換わって庶民に広がったようです。

日本での伝わり方が「7月7日の七夕に食べる行事食」がきっかけだったため、夏場をメインに食べられることが多くなったのではないかと考えられます。また、製造は10月~翌年4月ころの寒い時期が盛んで、一定の熟成期間を置いてから出荷されるため、実際に食べる最盛期が夏場になった、という事情もあるかもしれません。

いずれにせよ、そうめんは通年でおいしく食べられる麺なのです。製造工程で塩を入れて練ることで麺を伸ばし、熟成をコントロールしているので、塩との親和性が非常に高い食品でもあります。今回は定番のめんつゆではなく、塩味でシンプルに食べるアレンジ方法を紹介します。塩味で食べることで、熟成でおいしさを増しているそうめんをより深く味わうことができ、いつもと違う食べ方を知ると通年を通してそうめんを楽しめるようになると思います。