女性が働きやすい会社へ 道は「出世」で開く「自由に働くための出世のルール」 秋山ゆかりさん

外資系企業などでの経験を生かし、経営コンサルタントとして独立した秋山ゆかりさん
外資系企業などでの経験を生かし、経営コンサルタントとして独立した秋山ゆかりさん

東京医科大学が女子合格者の抑制を図っていたとされる入試不正が示すように、女性が不利益を押しつけられる社会の仕組みは消え去っていない。米ゼネラル・エレクトリック(GE)系のGEインターナショナルや日本IBM、ボストン・コンサルティング・グループなどで働いた経験を持つ経営コンサルタントの秋山ゆかりさんは、こうしたダブルスタンダード(二重基準)を「ひどいと思う」と難じつつも、「一人でも多くの女性が経営層に上がって、働きやすい環境に変えていくのが現実的な取り組み」と、女性の出世を応援する。

企業の役員のほとんどが男性であることが象徴するように、日本のビジネス社会では圧倒的な男性優位が続く。秋山さんは、著書「自由に働くための出世のルール」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)で、そんな状況の下で女性がステップアップしていくのに役立つ戦略を説いている。自身もGEインターナショナルの戦略・事業開発本部長、日本IBMの事業開発部長を歴任した。「自分が経験できたキャリアアップの道筋を下の世代に伝えたい」と考え、「出世のススメ」として本にまとめた。

ハラスメント、「反撃」は戦略的に

セクハラやパワハラの被害に遭った経験もある。容認する気はさらさらない。ただ、自分のキャリアをつぶされるリスクをはらむだけに、真正面から反撃するのが常に得策かどうかには、疑問も感じているという。上司や勤め先に立ち向かうにあたっては「(対抗策の)用法用量を十分に検討して、戦略的に立ち回るほうが賢いかもしれない」とみる。泣き寝入りするのではなく、したたかな「ディール(取引)」も視野に入れつつ、逆手に取るような向き合い方だ。

秋山さんが「発動されてしまうと、女性の側が損をしかねない」と心配するのは、米国のマイク・ペンス副大統領に由来する「ペンスルール」だ。「妻以外の女性とは2人きりにならない」という、同副大統領が守っているルールのことで、自らがセクハラやパワハラの加害者になってしまうのを防ぐ意味合いもあるのだという。男性側がリスクを避けるうえでは効果的かもしれないが、このルールを厳密に適用されてしまうと、女性側が必要以上に距離を置かれる事態につながりかねない。

ペンスルールのせいで、女性側にもたらされる情報やノウハウが減るおそれもある。結果的に企業や組織の意思決定から女性が遠ざけられ、「かえって女性が損をする」(秋山さん)という心配がつきまとう。「彼女とは一緒に仕事がやりにくい」といった風潮が広がれば「干される」という、さらなる不利益も起こりかねない。でも、「出世して権限を得られれば、女性に不都合な仕組みも変えやすくなる」(秋山さん)。

勤め先でひどい目に遭ったこともある秋山さんがへこたれずに経営層まで上がっていけたのは、「助けてくださった方々のおかげ」だという。当時の役員や上司、先輩などが救いや励ましをもたらしてくれた。職場の相談相手、支援者として「メンター」を置く会社も多いが、秋山さんはそれに加えて「スポンサーを見つけてほしい」と説く。実際に自分を上のポジションへ引き上げてくれたり、昇進を後押ししてくれたりする人物のことだ。

ビジネス書などの書評を紹介