ママたちの管理職昇進 打診受け入れて良かった理由は

日経DUAL

管理職を受け入れた理由は「評価に応えたい」「やりがい」が上位に

では、管理職昇進の話を受け入れた人の理由を見てみましょう。

一番多い回答が「会社が自分を評価してくれたことに応えたいから」(78.1%)、次いで「より大きなやりがいを感じながら働きたいから」(50%)、「責任あるポストで自分の能力を試したいから」(34.4%)で、仕事に対する前向きな姿勢がうかがえます。

管理職昇進の話を受け入れたことについて、今振り返ってみるとどう思うか尋ねたところ、「(管理職になって)良かった」が51.4%、「分からない」が31.4%、「後悔している」が8.6%でした。過半数が「管理職になって良かった」と思っていることが分かります。

「良かった」と「後悔している」と答えた理由の例を、それぞれ紹介します。

【管理職になって良かった理由】
・働き方を含めて、業務の裁量権が大変変わった。会社全体の見晴らしがよくなり、以前と比べ格段に働きやすくなった
・自分で時間の管理ができる
・仕事に成長を感じられる、新しいやりがいも継続することで習得度を深めることができる
・個々のメンバーの能力を把握でき、それぞれに合わせた仕事の割り振りをしたことで、自分だけでなく他の人の残業も減らすことができた
・裁量が増え、自由が利くようになった。両立しやすい。収入も増え、時間をお金で買うことに罪悪感が減った
【管理職になったことを後悔している理由】
・自分にリーダーが務まらないことを日々実感している
・理想と現実にギャップがあった
・子どもの進学や転園、夫の転職などライフイベントが重なり、体調を崩してしまった。目の前のチャンスだけでなく、時期を冷静に見極めるべきだった

管理職昇進を断った理由の第1位は「長時間のハードワーク」

次に、管理職昇進を「断った」人に理由を見てみましょう。

一番多い答えは、「長時間のハードワークが求められ、子育てしながらでは無理だと思うから」(81.0%)でした。続いて「自分の能力で務まるか自信がないから」(33.3%)、「ママで管理職になったロールモデルが社内にいないから」(23.8%)という意見が上がっています。やはり、最大のネックは長時間労働と子育てを両立できるのか、という不安であることが浮き彫りになりました。子どもの突然の発熱やケガなどの突発事項に加え、職場で起こり得る突発事項に自分が責任を持って対応できるのだろうかという不安が、管理職昇進に消極的になる大きな理由のようです。

注目記事
次のページ
管理職になる条件は「長時間労働を求められない」「子