WOMAN SMART

ファッション

夏ワンピはカラフル・プリントで リゾート気分を演出 宮田理江のファッション戦略論

日経ウーマンオンライン

2018/8/21

縦落ちフォームのワンピースは自然な細感を引き出してくれる
日経ウーマンオンライン

カラフルなプリント柄ワンピースは、夏のスタイルを華やがせてくれるアイテム。リゾートだけでなく、街中でも使える着こなしのコツをファッション・ジャーナリストの宮田理江さんが紹介します。

MARABELLA BLOOMS SHORT DRESS/WHITE 2万2900円(税込) Tommy Bahama

薄着で過ごす夏には、カラフルなプリント柄ワンピースが重宝する。無地と違って手抜きにも退屈にも見えにくいから、1枚でさらりとまとえる。リゾートウエアやプリント柄の服を得意とする、米国のライフスタイルブランド「Tommy Bahama(トミーバハマ)」の新作から、サマールックを華やがせてくれるワンピースの現在形を見ていこう。

■ミニワンピースはショルダー周りのシルエットで使い分け

夏らしい涼やかさと軽快感をまとえるミニワンピースは、着るだけでリゾート気分が味わえる。同じワンピースの仲間でも、ホルターネック、オフショルダー、ノースリーブと、肩周りの形ごとに、見た目のイメージが違う。持ち味をつかんだ上で、サマールックに役立てたい。

MADEIRA BLOOMS SHORT DRESS/DUSTY LUPINE 2万1900円(税込) Tommy Bahama

首に引っ掛けるようにまとうホルターネックは両肩が露出する、リゾート感の高いデザインだ。ダイナミックなフォームだから、大ぶりの花柄やトロピカルな南国モチーフなどがなじむ。肩出しが気になるなら、薄い羽織りものを重ねて。うっすらと素肌が透ける生地を選べば、ホルターネックの伸びやかさを生かせる。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経DUAL
花粉症から子どもを守る 発症前の予防ノウハウ
日経doors
グラレコは「第2の言語」 図解スキルでオンリーワン
日経ARIA
白髪は「サロン染め」がベスト 失敗しないオーダー
日経DUAL
モンテッソーリ教育「カエルのお母さん」の落とし穴
ALL CHANNEL