Q3 ご祝儀袋にある長六角形の飾り「熨斗(のし)」 このもともとの魚介は何?

(1)イセエビ

(2)アワビ

(3)コンブ

(4)スルメイカ

A ご祝儀の熨斗は(2)アワビ 身を薄く伸ばした縁起物

正答率 27.7% ご祝儀袋の右上にある熨斗(のし)。もとはアワビを薄くそぎ、水洗いと乾燥を繰り返して長く伸ばした「のしあわび」を使用。長寿を願う縁起物として祝いや贈答の象徴になった。

イセエビ、コンブ、スルメイカも縁起物とされているためか、解答はほぼ4分された。今も伊勢神宮では「のしあわび」を奉納する。


Q4 「青二才」「いなせ」「とどのつまり」 実はある出世魚に由来している。その魚は?

(1)コノシロ

(2)スズキ

(3)ボラ

(4)ブリ


A 「青二才」「いなせ」は(3)ボラ 幼魚の「二才魚」、若魚のイナが語源

正答率 27.9% ブリ、スズキ、ボラが成長とともに名前が変わる三大出世魚。日常会話で馴染みのある問いの言葉はすべてボラに由来する言葉。青いボラの幼魚を「二才魚」と呼ぶことから未熟な男性を「青二才」、ボラの若魚イナの背のように結んだ髪型から粋な姿を「いなせ」、ボラは最後にトドになることから、「最後に行きつくところ」の意味で「とどのつまり」と言う。

(4)ブリの誤答が最多で50、60代女性の約5割が(4)を選択。「安い魚」の印象があるが、卵巣の加工品カラスミや白子(精巣)など幼魚から老成魚までおいしく食べられる。

Q5 メスよりもオスの方が高い値段で取引されるのは?

(1)マダラ

(2)サケ

(3)イイダコ

(4)ボラ

A オスが高価なのは(1)マダラ 白子の濃厚な味が珍重

正答率 30.3% マダラの白子(精巣)は濃厚な味が珍重されて高値が付くためオスの方が高く売れる。サケは卵のイクラ、イイダコも卵のいい(飯)、ボラはカラスミに加工する卵巣に高値がつき、いずれもメスの方が高い。イクラを取った後のメスのサケは安く売られることも多い。


Q6 マグロの血合いに多く含まれる、血中コレステロール値を下げ、血圧低下、肝機能の強化に効くとされる成分は?

(1)コラーゲン

(2)タウリン

(3)アルギン酸

(4)ビタミンD

A マグロの血合いに多く含まれるのは(2)タウリン

正答率 38.9% タウリンは血圧低下のほか、視力低下予防にも効果があるとされる。イカやカキにも多い。全体では(3)アルギン酸の誤答が42%と多かったが、40代と60代の女性はタウリンの正答が5割を超えた。アルギン酸は海藻に含まれる食物繊維でおなかの調子を整える。

MONO TRENDY連載記事一覧