機械好きな男を唸らせる 垂涎の機械式腕時計6選

GOETHE

2018/7/31

■EPOS/ソフィスティック

エポスは、手巻きムーブメントにスケルトン仕上げを施すだけでなく、ケースと同じようにPVD処理で黒くまとめ“オールブラック”というトレンドを取り入れた。しかも残したブリッジの上には精緻な彫り模様を入れており、伝統的な手仕事の味わいも楽しめるという欲張りな1本に。

手巻き、SS(PVD)ケース、径42mm。¥208,000(ユーロパッション TEL 03-5295-0411)

■MAURICE LACROIX/アイコン オートマティック スケルトン

モダンなデザインで人気のモーリス・ラクロアも、スケルトンウォッチを得意としているブランドのひとつ。搭載する自社製ムーブメントCal.ML234は、ケースのダイナミズムに合わせるように直線と曲線を巧みに操ってスケルトン化。時計を眺めるという行為自体を楽しませる。

自動巻き、SSケース、径45mm。¥630,000(DKSHジャパン TEL 03-5441-4515)

※記事中の価格は税抜きです。

Edit=西原幸平(EATer) Text=篠田哲生 Photograph=白石晋一朗 Styling=中兼英朗(S-14) Hair & Make-up=AMANO Lighting=長田青海(長田照明)

関連記事もあわせてお読みください。
新天地に挑む決意を託せ 自己主張する勝負ウオッチ
正確無比! 超多忙ビジネスマンに贈る高精度ウオッチ

[GOETHE増刊「はじめての高級腕時計 by YOUNG GOETHE」の記事を再構成]

GOETHE

Watch Special 2020

日経電子版 NIKKEI STYLE Men's Fashion 「Watch Special 2020」では、注目の腕時計新作、最新トレンド、インタビュー、ビジネスパーソンのための腕時計基礎講座など、多彩なコンテンツを提供しています。

>> Watch Special 2020はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
Fashion Flash
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
Instagram