コンパクトな車体が魅力 スズキ・スウィッシュ

スズキ・スウィッシュ

通勤や買い物といった都市部の移動に特化した利便性の高い原付き二種スクーターとして多くのユーザーに支持されたスズキのアドレスシリーズ。18年6月に登場したスウィッシュは17年に生産終了となった「アドレスV125」「アドレスV125S」の実質的な後継車といえるモデル。

ストップ&ゴーの多い都市部での使用を想定し、ライバルよりもひと回り径の小さい10インチタイヤを前後で採用するのが大きな特徴だ。これによりコンパクトな車体と市街地における優れた加速性や敏しょう性、取り回しを実現している。

パワーユニットはシンプルで軽量な強制空冷方式のSEP(スズキ・エコ・パフォーマンス)エンジンを採用。フルフェースヘルメット+αの大容量をもつシート下の収納スペースや、スマートフォン等を充電できるUSBソケット、リアキャリアなどの実用装備も充実している。

サイズ:全長1830mm×全幅690mm×全高1095mm 
シート高:760mm 
タイヤサイズ:前100/90-10、後100/90-10 
燃料タンク容量:5.5L 
装備重量:114kg 
エンジン:124cc空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 
最高出力:6.9Kw(9.4PS)/7000rpm 
最大トルク:10Nm(1.0kgf・m)/6000rpm 
燃料消費率:50.1km/L(WMTCモード値 クラス1  1人乗車時) 
価格(税込み):31万8600円 
Webサイト:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/ug125sebl9/top

ヤマハのNMAXは大胆なスタイリングが人気

ヤマハ NMAX

125ccスクーターとは思えない大胆なスタイリングが人気のモデル。ねじり剛性の高いフレームにアルミ鍛造ピストンとオールアルミ製ダイカストシリンダー、可変バルブ機構を採用する先進の水冷4バルブエンジンを搭載し、市街地のほかちょっとしたワインディング(山道)走行も楽しめるスポーティーな走行性能を実現している。

タンデム走行(2人乗り)が快適にこなせるクッション性の高い二段シートの下には、フルフェースヘルメット1個を収納できる約24リットルのトランクスペースを確保する。ブレーキロックによる転倒を防止するABS(アンチロックブレーキシステム)を標準装備。

サイズ:全長1955mm×全幅740mm×全高1115mm 
シート高:765mm 
タイヤサイズ:前110/70-13、後130/70-13 
燃料タンク容量:6.6L 
車両重量:127kg 
エンジン:124cc水冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ 
最高出力:9.0Kw(12PS)/7500rpm 
最大トルク:12Nm(1.2kgf・m)/7250rpm 
燃料消費率:43.6km/L(WMTCモード値 クラス1 1人乗車時) 
価格(税込み):35万1000円 
Webサイト:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/nmax/ 
次のページ
ホンダのPCXには世界初のハイブリッドシステムも
MONO TRENDY連載記事一覧