懐かしき学び舎で食や湯を満喫 「廃校の宿」10選

NIKKEIプラス1

秋津野ガルテン(和歌山県田辺市)
秋津野ガルテン(和歌山県田辺市)
宿泊施設に生まれ変わった廃校が観光資源として注目されている。
木造校舎の懐かしさや「教室に泊まる」楽しさなど魅力はまちまち。
食や湯も楽しめるお勧めの宿を、専門家10人がランキングした。

短期滞在に便利 観光資源も豊富

文部科学省によると、2002年度から15年度までに、公立の小中学校・高校など約6800校が廃校になった。だが施設が残っている5900校ほどのうち、70%は地域の体育館や交流施設として活用されている。慣れ親しんだ校舎を残したい、との声が地元から上がるためだ。「廃校の宿」は旅行や短期滞在などでその地域を訪れる人を呼び込むのに適した施設のため、増える傾向にある。多くは自治体の委託でNPO法人や市民団体が運営している。

施設数の増加による地域間競争を背景に、それぞれの宿は食や湯の充実に動いている。「道の駅保田小」のアジフライは地元の漁港から鮮度抜群のアジを直送している=写真。「秋津野ガルテン」では、地場産の食材を知り抜いた地元の主婦らが料理する「スローフードバイキング」のランチが好評だ。温泉や眺望が売り物の浴室を整備する宿も多い。

廃校の宿は一般に低料金。観光の足場としてもっと注目されていい。

1位 秋津野ガルテン 620ポイント
地元かんきつ類・野菜が充実 (和歌山県田辺市)

2008年開業の体験型施設で、地元農業法人が運営する。1953年に建てられた旧上秋津小学校の木造校舎を、各種イベントを開く体験棟に転用。中庭を挟んだ新設の宿泊棟とレストラン棟からも、懐かしい雰囲気の学舎(まなびや)を間近に眺めることができる。

専門家の多くは推薦理由に食の充実を挙げる。「ミカンをはじめかんきつ類のジュースはもちろんアイス、シャーベットが年間を通じて振る舞われる。かんきつ好きの人はぜひ訪れて」(井口育紀さん)、「地元の野菜や旬の山菜を知り尽くした農家のお母さんたちが供するスローフードのレストランが最高のもてなし。ランチのバイキングも充実している」(重松大輔さん)。

近くの農家と連携してミカンを収穫したり体験棟でジャムを作ったりする催しは子どもに人気だ。有名観光地に近いのも評価された。「世界遺産の熊野古道の玄関口といっていい」(小林和彦さん)。海と温泉で有名な南紀白浜も近い。

(1)和室4人部屋に大人4人・1泊2食付きで1人6950円(中学生から大人料金)(2)JR紀伊田辺駅から路線バスと徒歩で20分(3)http://agarten.jp/

2位 かたくりの宿 520ポイント
秘境100選「秋山郷」に立地 (新潟県津南町)

日本の秘境100選のひとつで長野県境に近い「秋山郷」に位置する。「泊まる、食べる、癒やす、知る、楽しむの5つのテーマがそろう」(熊野稔さん)。フキノトウやゼンマイ、キノコなど山の幸が豊か。宿を管理する渡辺泰成さん夫婦らが地域の農家から仕入れる。

癒やしは湯。「近くの結東温泉からかつての校長室に引き湯している」(市原実さん)。津南町は地域の田畑などに絵画やオブジェを展示する「大地の芸術祭」でも知られる。宿は「芸術祭を楽しむ拠点として最適」(井上弘司さん)。雪深い地でこれまで冬季は休業していたが、今年から通年営業する。

(1)大人2人・小学生1人で1泊2食付きの場合、大人1人9200円・小学生6300円。(2)JR越後湯沢駅から路線バスとタクシーで1時間(3)http://www.tsumari-artfield.com/katakuri/

3位 MORIUMIUS(モリウミアス) 500ポイント
森林散歩や漁業体験 (宮城県石巻市)

2002年に閉校した小学校を改装し、滞在型の複合体験施設として15年に開業した。2段ベッドを44人分設置。利用増を受けて16年に設けた別棟にも20人が泊まれる。東日本大震災で被災した地域の復興の象徴的事業で「大勢のボランティアと地元の若者が関わった。未来を担う全国の子どもを小さな漁村が受け入れようとした過程が素晴らしい」(小林さん)。

近くに三陸のリアス式海岸。ウニ、アワビ、ナマコなど四季折々の海の幸が供される。「土壁の露天風呂は薪(まき)ボイラーを使うなどこだわりが多い」(畠山徹さん)。「宿泊施設に求められる清潔で快適な空間も維持している」(上野彩子さん)。森林散歩や漁業など子ども向けの体験メニュー(写真上)も好評。

(1)1泊2食付きで大人1人8640円、小中学生1人7344円(2)JR仙台駅から有料送迎バスで2時間(3)http://moriumius.jp/

4位 あいあいファーム 450ポイント
広がる芝生と南国植物 (沖縄県今帰仁村)

校庭には芝生が広がり、南国の植物が生い茂る。「沖縄の気候に合わせた深いひさしと、壁がなく柱だけで構成されたピロティの空間が魅力」(斎尾直子さん)。100人ほどの宿泊が可能で、ツイン、トリプルルームなど客室も多彩。宿泊プランも数多く取りそろえる。

「ゆし豆腐」など沖縄料理は安心・安全と地産地消を追求し「ホテルでは味わえない沖縄の生活を感じることができる」(村木裕幸さん)。

(1)7月の土曜、大人2人と小学生1人で1泊2食付きをネット予約すると3人で計2万4350円(2)那覇空港からバスで名護バスターミナル。タクシー乗り換えで計2時間20分(3)http://happy-aiaifarm.com/

5位 大三島 ふるさと憩の家 410ポイント
眼前にプライベートビーチ (愛媛県今治市)

4月、建築家の伊東豊雄氏率いる「伊東建築塾」によって改修。外観や廊下など小学校の雰囲気は残し、瀬戸内海を望む展望風呂を客室の洋間に設けた。「透明度の高いプライベートビーチが目の前。美しい海辺とぬくもりを感じる木造校舎の組み合わせがフォトジェニック」(上野さん)。「部屋の種類が豊富で、個人、家族、団体いずれも楽しめる」(重松さん)。

西日本豪雨で一時休業したが営業再開。ただ水道や交通への影響が残り、食事などにしばらく支障が出る可能性がある。「建物に被害はありません」(運営する藤原大成さん)

(1)洋室1泊2食付きで大人1万6200円、小学生8100円(2)JR今治駅からバスで1時間30分(3)https://www.ikoinoie.co.jp/

五感を豊かにする旅紀行を読む