こだわりの逸品

一生に一度は使ってみたい 一流ブランドの「大名品」

MEN’S EX

2018/8/3

■SUNSPEL/サンスペルの太リブTシャツ

ヨーロッパの名門が作る、欧風とアメトラのいいとこ取り

肉厚にして首リブは3cm弱と太め。サンスペルとしては珍しいモデルだが、昨年の秋冬に登場以来高い人気を誇る。一方で素材には、スビン綿とギザ綿を配合した特別なものを使用。同ブランドらしい、極上のなめらかタッチが堪能できる。1万円(サンスペル 表参道)

■JOHN SMEDLEY/ジョン スメドレーのスキッパーポロシャツ

上品かつリラックス感満点のスキッパーポロ

最高峰のニットポロで知られる英国老舗の隠れた定番作が、スキッパー襟の「ノア」。30ゲージの細かな編み立てや、シーアイランドコットンが織りなす極上の肌触りはそのままに、よりスポーティなテイストを楽しめるのが持ち味だ。2万6000円(リーミルズ エージェンシー)

■SMYTHSON/スマイソンのノート

打ち合わせで出すだけで違いが出せるノート

スマイソンの代名詞といえば手帳であり、そこに使われる「フェザー・ウエイト・ペーパー」。もちろん、この紙はこちらにも使われている。その気品ゆえ、打ち合わせ時などでこのノートを使えば、周囲と違いが出せ、一目置かれるはずだ。A4ジップホルダー7万9000円、リフィル5000円(以上ヴァルカナイズ・ロンドン)

※表示価格は税抜きです。

撮影/野口貴司(San・Drago)、若林武志、岡田ナツ子、大泉省吾、長尾真志、河野敦樹、池田佳史・仲山宏樹(以上BOIL) スタイリング/四方章敬、佐々木 誠 ヘアメイク/松本 順(辻事務所) 構成・文/伊澤一臣 文/長崎義昭・中河由起恵(以上Paragraph)、吉田 巌(十万馬力)、秦 大輔、間中美希子、礒村真介、酒向充英 イラスト/世戸ヒロアキ 撮影協力/横浜開港記念会館

MEN'S EX

[MEN’S EX 2018年8月号の記事を再構成]

Latest