資金ゼロからのマイホーム購入 2つの支出を把握せよ

日経DUAL

削りどころは「趣味的な出費」

夫 生活費の節約はしなくていいんですか?

中嶋 少しでも削らないと生活できない状況でなければ、放置してかまわないです。手間ばかりかかって効果が薄いのが食費とか光熱費の節約。重要なことは項目ごとの数字ではなくて数字が動くタイミングです。子どもが生まれたり、産休・育休を取得したり、家を買ったり仕事に復帰したり、進学したり……つまり生活環境、ライフステージが変わるときです。ですから、家計管理で重要なポイントは乱高下の原因となっている生活費以外の支出です。削るとしたらこちらです。

基本的な生活費と、生活費以外の支出、残りが貯金です。このうち、基本的な生活費がそのまま「自由に使えないお金」に当たります。毎月安定して出ていくお金でカットも難しいのでこう呼びます。それに対してお小遣い、趣味、臨時出費などの生活費以外の支出と、あとは貯金額、これが自由にできるお金です。見ていただければ分かると思いますが、収入から基本的な生活費を差し引いた金額が「自由に使えるお金」です。

より正確に分類するのであれば、外食といってもファミレスでさっと食事をしたら「生活費」ですけど、2人で1万円とか2万円もするようなお店でしたら「趣味的な支出」になりますよね。

妻 確かに、全然違いますね。

中嶋 衣食住というくらいですから、洋服代もユニクロで下着を買ったら「生活費」でいいと思いますけど、ちょっといいコートを10万円で買った場合は「趣味的な出費」と考えたほうがいいはずです。下着は無いと生活できませんけど、10万円のコートは無くても生活できますから。このあたりは、家計とお小遣いのどちらから出すか明確に分けるには、家計管理専用の銀行口座を作って、そこから引き落とされる生活費用のクレジットカードと、趣味的な支出に使うクレジットカードで2枚に分けて管理すればいいと思います。家族カードならお二人で家計管理用の口座から引き落とされるカードを持てます。

妻 生活費と生活費以外の支出……こういう分類は全く考えたことがなかったです。

中嶋 お二人の家庭は、毎月の収入が68.7万円、「自由に使えないお金(=基本的な生活費)」が27.6万円です。その差額である「自由に使えるお金」が41.1万円、そこから生活費以外の支出25.7万円を差し引くと、貯金額の15.3万円、という数字になります(いずれも表の数字で端数切り捨て)。なので、貯金額を増やすには自由に使えるお金の配分を変えることになります。貯金額を増やせばそれだけ生活費以外の支出は削らないといけないことが分かります。

見落としがちな「隠れたお小遣い」をあぶり出す

妻 お小遣いは夫が4万円、私が1万円とかなり抑えているつもりですが……。

中嶋 多分、今までは生活費の中にお小遣いがたくさん紛れてしまっていたと思います。先ほどやった生活費とそれ以外の支出の切り分けは、生活費に紛れ込んだ「隠れたお小遣い」をあぶり出すのにも役立つんですね。生活費以外の支出が1カ月当たり25.7万円ですから、実際のお小遣いは二人で5万円でなく25.7万円です。あくまで「生活費以外の支出」ですから、家具・家電の買い替えとか、結婚式のご祝儀とか、お小遣いと呼びにくい支出も混ざっていると思いますけど、それでもかなりの額が「隠れたお小遣い」になっていると思います。このあたり、把握していない方は非常に多いです。

夫 ほんとに25万ですか? お小遣いが5万円なのでその5倍というのは考えにくいんですが……。

中嶋 家計簿アプリのデータが正しいのであれば間違いはないです。支出総額は1カ月当たり53.3万円です。そのうち生活費が27.6万円ですから、生活費以外の支出が差額の25.7万円になります。これはあくまで平均額ですから、例えば海外旅行の60万円分を除くと1カ月当たり5万円減りますから20万円くらいになります。

妻 確かに、お小遣い以外で洋服とか化粧品とか、色々買っていると思います。

中嶋 生活費以外の支出を削るには「優先順位とメリハリをつけてください」ということになります。お金を払っている以上どれも意味のある支出だと思います。ただ、その中でも優先順位の高いものは何か?ということです。今後確実に増える住宅コストと教育費は生活費ですから優先順位は一番高いはずです。なので、それに備えて今から生活費以外の支出を大幅に削っておかないと、家を買って子どもが生まれた途端に赤字に転落します。

社宅住まいから住宅を購入した場合は住宅コストが大きく増えますし、教育費も今はゼロの状態から二人分増えると考えれば、年間184万円の貯金額だと吹き飛びかねないくらいです。

それから金額の大きい順に見ていけば、家計に与えるインパクトが大きい支出を簡単に把握できます。その際、家賃などの生活費は無視してかまわないです。当たり前ですけど、100円の支出より1万円の支出のほうが100倍重要なんですね。なので、インパクトが大きいものから見る、というのも重要です。

大事なのは家計簿のデータをきちんと分析すること

妻 今まで見えなかった数字がこんなに見えてきてビックリしました。家計簿アプリで管理はしていましたけど、毎月のお給料と収支くらいしか把握していませんでしたから。

中嶋 毎月の収支は、企業でいえば純利益と呼ばれるものです。純利益だけを見ていると中身が分からないのは当たり前なんです。ただ、数字の見方にはルールがあります。何十兆円と売り上げがあるトヨタ自動車みたいな大企業でも、決算書はシンプルです。売り上げから原価と販売管理費を差し引いて営業利益はいくら、といった具合に本業の利益を計算する際に含まれる要素は4つだけです。家計も同じようにシンプルでいいんです。給料から生活費とそれ以外の支出を差し引くと貯金額になる、という4つしか要素がない簡単な計算です。

妻 支出は2つに分ければ良いんですね。確かにシンプルで分かりやすいです。

中嶋 支出を2つに分けて考える、というのは一見すると面倒で複雑に感じるかもしれませんが、食費とか光熱費とか、1つひとつの項目を見るよりよっぽどシンプルです。お小遣いの中身について自分は口出ししません。余計なお世話ですから。使い道はお二人で優先順位を決めていただければと思います。必要な貯金額を確保できれば中身は関係ないんですね。

妻 食費が多いとか、もっと節約したほうが良いとか、今日はそういう話をするんだと思ってました。

夫 正直、今日こちらに伺うまで気が重かったんですけど理由はそこです。節約に関する話とか、あんまり聞きたくないなあ、と。

中嶋 個別の節約トークは聞かれない限りしないですね。食費が多いか少ないか、みたいな話はハッキリ言ってばからしいです(笑)。それぞれの家庭で決めれば良いことですし、ケースバイケースですから。なので、ケースバイケースではない話、生活費は安定していて、生活費以外の支出は乱高下する、といった構造的な部分に注目して家計を捉えないといけないんです。繰り返しになりますけど生活費は削りにくいので、支出を削るときに生活費に焦点を合わせるのは間違っています。

夫 生活費以外の支出をどうするか、そこはちゃんと話し合いたいと思います。ハイ。

中嶋 家計簿を作るところまでは家計簿アプリで簡単にできますけど、それを分析・把握するのはまだ簡単ではないんです。このあたりは正しい家計簿のつけ方とか分析の仕方は決まっていないので、決算書の作り方や分析の仕方を応用すると、今回みたいに把握しやすくなります。

妻 ちょっと分かってきました。

中嶋 家計簿も会社の決算書も、分析をすることが大事です。大抵の人はやりたくないと思いますけど(笑)、重要なポイントを押さえれば簡単です。「大ざっぱに管理する」「インパクトの大きい支出を把握する」という2つを実践してみてください。その上で、マイホーム購入と貯金がどうすれば実現できるかをお話ししたいと思います。

中嶋よしふみ
ファイナンシャル・プランナー、シェアーズカフェ代表取締役社長。日経DUALの他、新聞・経済誌・ウエブメディア等で執筆・取材協力多数。『住宅ローンのしあわせな借り方、返し方(日経DUAL刊)』はAmazonと楽天ブックスの住宅ローンカテゴリで1位を獲得。対面ではファミリー世帯向けにプライベートレッスンを提供中。お客様ごとに最適化したレッスンと適切なアドバイスを組み合わせて、高度なコンサルティングを行う。現在、ウエブメディア「シェアーズカフェ・オンライン」を編集長として運営。お金よりも料理が好きな38歳。

(ライター 西山美紀、イメージ写真 鈴木愛子)

[日経DUAL 2018年4月27日付記事を再構成]

注目記事