高級VRゴーグル ケーブルなしで体の動きにも反応

日経クロストレンド

レノボ・ジャパンの「Mirage Solo with Daydream」。パソコンやゲーム機をつながなくてもVRコンテンツが楽しめる
レノボ・ジャパンの「Mirage Solo with Daydream」。パソコンやゲーム機をつながなくてもVRコンテンツが楽しめる
日経クロストレンド

2018年春から、かぶるだけで手軽に使える「スタンドアローン型」のVRゴーグルが次々と登場している。その一つであるレノボ・ジャパンの「Mirage Solo with Daydream」を評価した。

レノボ・ジャパン「Mirage Solo with Daydream」 
●実勢価格/5万5290円(税込み) 
●サイズ・重さ/幅204.01×高さ179.86×奥行き269.5mm・645g 
●駆動時間/約3時間 
●液晶解像度/2560×1440 
●視野角/110度 
●内蔵ストレージ/64GB

従来のVRゴーグルは、パソコンやゲーム機に接続するか、スマートフォンを入れて使うもの。ゴーグル以外のコストや、使用までの手間、ケーブルの煩わしさなどが難点だった。

本製品は「スタンドアローン型」で、「6軸」に対応したハイエンド製品。自分の頭を向けた方向だけが映像に反映される「3軸」タイプと比べて、前後左右への移動やかがみ込むなどの動きも反映され、より没入感が高い。

グーグルがアンドロイドスマホ向けに推進する規格「Daydream」に準拠しており、スマホ向けと同じゲームや動画などのVRコンテンツが利用できる。仮想的な「映画館」に入り込んで大画面で映画を視聴することも可能だ。

かぶるだけで使用できる
没入感は高い
ヒット予報
スタンドアローン型では、3軸対応ではあるが2万円台と安い「Oculus Go」もすでに発売されている。使い比べればクオリティーの差は分かるが、まだ6軸対応コンテンツが少ないこともあり、価格差がネックになりそうだ。

(日経トレンディ 臼田正彦)

[日経トレンディ 2018年7月号の記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧