WOMAN SMART

ビューティー

筋肉作るのは牛乳か豆乳か 最新研究で知るたんぱく質

日経ヘルス

2018/6/22

豆乳に含まれる大豆たんぱく質は、植物性たんぱく質の代表格
日経ヘルス

 たんぱく質とアミノ酸については近年、さまざまな研究が進んでいる。たんぱく質の種類による機能の違い、コラーゲンの美容効果、月経周期との関係など、女性にとって気になる話題をまとめた。

【食事編】

筋肉量アップにはホエイたんぱく 卵は1日に1個まで

Q 牛乳と豆乳、たんぱく質は同じなの?
A 牛乳は炎症を抑え筋量アップ、豆乳には血流を促す働き

 たんぱく質が豊富な飲み物といえば、牛乳と豆乳。優秀なたんぱく質源でもある2つの飲み物は、カロリーやたんぱく質量はほぼ同等。しかし、それぞれのたんぱく質には特徴がある。

 まず、牛乳の乳清(ホエイ)たんぱく質には、抗炎症作用がある。神奈川工科大学応用バイオ科学部の佐々木一教授は、「体内には常に微弱な炎症があるが、加齢などで慢性的に炎症が続くようになると筋肉合成は抑制される。ホエイはこういった炎症を抑え、筋肉の再合成をサポートする」という。

 豆乳に含まれる大豆たんぱく質は、植物性たんぱく質の代表格。筋肉を増やす作用もあるが、「なんといっても大豆に含まれるイソフラボンをとれるのが利点。大豆イソフラボンには抗酸化作用があり、血流などを促す効果が期待できる」(佐々木教授)。大豆イソフラボンには、筋委縮を抑える働きがあるという動物試験の報告もある。

Q 筋肉になりやすさの指標は?
A 消化吸収率ベースのスコアもあります

 アミノ酸スコアとは、体内でたんぱく質合成に必要な必須アミノ酸9種類の充足率をスコア化したもの。スコアが100に近いほど体にとって良質だと考えられ、広く用いられている。

 一方、消化吸収効率を考慮したDIAAS(消化性必須アミノ酸スコア)というのもある。たんぱく質がどのくらい消化されやすく、体内で利用されやすいかを動物実験から算出したスコアで、筋肉強化の目安として有用とされ、米国のアスリート向けプロテインサプリなどに表示されている。

乳・大豆のたんぱく質は吸収がよい(データ:Journal of Nutrition.;145,2,372-379,2014)

WOMAN SMART新着記事

ALL CHANNEL